クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリムゾン・リバー2
黙示録の天使たち
Les Rivières pourpres II:
Les anges de l'apocalypse
監督 オリヴィエ・ダアン
脚本 リュック・ベッソン
原案 ジャン=クリストフ・グランジェ
製作 アラン・ゴールドマン
製作総指揮 ヘクター・マクリオッド
出演者 ジャン・レノ
ブノワ・マジメル
カミーユ・ナッタ
音楽 コリン・タウンズ
撮影 アレックス・ラマルク
編集 リシャール・マリジ
製作会社 Studio Légende
ヨーロッパ・コープ
TF1 Films Production
Filmauro
Epica Ltd.
Canal+
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
イタリアの旗 Filmauro
ドイツの旗 TOBIS Film
日本の旗 アスミック・エース/ギャガ/ヒューマックス
公開 フランスの旗 2004年2月18日
イタリアの旗 2004年3月26日
ドイツの旗 2004年4月8日
日本の旗 2004年5月29日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €23,840,000[1]
前作 クリムゾン・リバー
テンプレートを表示

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち』( - もくしろくのてんしたち、: Les Rivières pourpres II: Les anges de l'apocalypse: Crimson Rivers II: Angels of the Apocalypse)は、2004年フランス映画。『クリムゾン・リバー』の続編となるサスペンス・スリラー。前作はジャン=クリストフ・グランジェフランス語版の小説『Les Rivières pourpres』を原作としているが、本作はそのキャラクターを使っただけの、リュック・ベッソン脚本によるオリジナルストーリーである。

ストーリー[編集]

ロレーヌ地方、ドイツ国境近くにあるモンタヌス派教会修道院。その禁断の第13号室の壁に、新入りの修道士がキリスト像をクギで打ち付けたところ、そこから血が流れ出てきた。現場に赴いたニーマンス警視率いる捜査班が壁をスキャンしたところ、中に死体が埋め込まれていることが判明する。一方、若い刑事レダは麻薬犯罪を捜査中、イエス・キリストそっくりの格好をして心身の衰弱した男に出くわした。不可解なうわごとを口走るその「イエス」は入院するが、僧衣に身を包んだ何者かに命を狙われる。気づいたレダがこれを追跡するが、超人的な体力を持つその謎の暗殺者に逃げ切られてしまう。そして、ニーマンスも壁に埋められた男フィリップの人脈から、「イエス」にたどりつく。また、事件のあった修道院や各地の掩蔽壕が、第二次世界大戦中に使われた要塞「マジノ線」によって地下でつながっていることもわかった。ニーマンスとレダ、そして宗教の専門家である捜査官マリーは協力して調べを進めてゆくが、フィリップの知人である12使徒と同名の人々が次々に殺されていく。広大な地下迷宮であるマジノ線。そこに秘められた何かをめぐって、巨大な陰謀がうごめいていた。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Les Rivières pourpres 2 - Les Anges de l'Apocalypse - film 2004” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]