クリムゾンティアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリムゾンティアーズ
Crimson Tears
ジャンル アクションRPG
対応機種 プレイステーション2
開発元 ドリームファクトリー
発売元 カプコン
人数 1人
メディア DVD-ROM1枚
発売日 2004年4月22日
対象年齢 CERO: C
テンプレートを表示

クリムゾンティアーズ』(Crimson Tears)は、2004年4月22日カプコンから発売されたプレイステーション2アクションRPG

概要[編集]

ドリームファクトリーによって制作され、スパイクカプコンが共同でプロデュースを行なった、自動生成ダンジョンを攻略していく3Dアクションゲーム。トゥーンレンダリングを用いた映像表現が特徴。

ストーリー[編集]

2049年 東京は、完全な迷宮と化した。超兵器会社A.R.M.A社のDNA研究施設暴走により造りだされた次元迷宮と、そこで次々と生み出される生体兵器。A.R.M.A社は事態収拾のため、最強の人型兵器ミューティノイドの投入を決定する。

アスカ、カエデ、トキオの3体のミューティノイドは兵器として身に付けた格闘技と、ダンジョンで入手した武器を駆使し迷宮に挑む。

キャラクター[編集]

アスカ (雪野五月
ミューティノイド二号体。女性型。運動性能を重視して設計されており、反応速度や高速動作に優れているため、二刀を用いての近接戦闘を得意とする。人間として生きて生きたいという願いから、自身の能力を隠したがる傾向がある。
カエデ (釘宮理恵
ミューティノイド三号体。女性型。高出力型として設計されているため圧倒的なパワーを誇る。精神的に未成熟で幼く、好奇心旺盛。自らの性能限界に並々ならぬ関心を持っている。
トキオ (関智一
ミューティノイド一号体。男性型。耐久力が高く、銃器の扱いに長ける。元々は知能強化型として設計され、コンピュータや機械の操作、特にパスワード解析などが専門。正義感が強い。
シズカ (皆口裕子
アーベル (神谷浩史
マイア (永島由子
コスギ (磯部弘
甲斐栄一郎 (増谷康紀

テーマソング[編集]

オープニング

エンディング

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]