クリフ・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J・C・ショー (J.C.Shaw)、クリフ・ショー (Cliff Shaw) として知られた、ジョン・クリフォード・ショー(John Clifford Shaw、1922年1991年[1]は、ランド研究所に所属したアメリカ合衆国のシステム・プログラマ。世界初の人工知能プログラムとされる Logic Theorist の共同開発者のひとりであり、1950年代のプログラミング言語であるInformation Processing Language (IPL)の開発者のひとりである。IPLは、JOSS言語の真の「父」であると考えられている[2]。プログラミングの歴史における最も重要な出来事のひとつは、IPL-V言語の開発過程における、アレン・ニューウェルハーバート・A・サイモンとクリフ・ショーの3人による「リスト処理」という概念の開発であった[3]

出典・脚注[編集]

  1. ^ John Clifford Shaw Papers accessed March 14, 2012
  2. ^ Wexelblat, Richard L., ed (1981). History of Programming Languages. New York: Academic Press. ISBN 0-12-745040-8. 
  3. ^ Sammet, Jean E. (1969). Programming Languages: History and Fundamentals. Englewood Cliffs, New Jersey: Prentice Hall. ISBN 0-13-729988-5. 

外部リンク[編集]