クリティカル・マス (社会運動)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリティカル・マスから転送)
移動: 案内検索
サンフランシスコで2005年4月29日(金曜日)に行われたクリティカル・マス

クリティカル・マス(クリテカル マス)は、多数の自転車利用者が週末に一緒に走り、自転車に優しいまちづくりをアピールするねらいがある。1992年にサンフランシスコで始まり、現在は世界各地へと広がっている。

背景[編集]

最も典型的なクリティカル・マスは、金曜日の夕方や土曜日に、大量のサイクリストが都心を一緒に走り回り、自転車に優しいまちづくりを求める動きである。自転車のエコロジー的な長所をアピールし、ベルを鳴らしたり、カラフルな服装をする場合もある。ニューヨークなどの大都市では、月に1回定期的に行われていることもある。主催者が組織的に参加を募る場合もあるが、どちらかというと自発的に集まって行う場合が多く、「発生する」と表現される。

このような動きは1970年代からあったと言われているが、現在の形のものは、サンフランシスコで1992年9月25日(金曜日)の午後6時に開始されたものが初めてである。

現状[編集]

クリティカル・マスは、世界各地に広がると共に、自転車利用以外の問題に関しても発生している。日本にも、自転車に優しいまちづくりを求めて定期的に行っている例がある。また、反原発などをテーマに集まるクリティカル・マスもある。もっとも、日本のクリティカル・マスは数を頼みに交通妨害を行っている面もあるなど、現状は自転車版の暴走族と化している。

関連項目[編集]

出典[編集]