クリセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリセン
クリセンの構造式
IUPAC名 クリセン(許容慣用名)
分子式 C18H12
分子量 228.29
CAS登録番号 [218-01-9]
形状 板状結晶[1]
密度 1.274[1] g/cm3, 固体
融点 254[1] °C
沸点 448[1] °C

クリセン (chrysene) とは、多環芳香族炭化水素 (PAH) の一種で、分子式が C18H12、4個のベンゼン環が辺を共有しながら連なった構造を持つ。コールタールに含まれ、そこから最初に単離、同定された。木材の防腐剤であるクレオソート油にも含まれる。

クリセンは石炭原油、木質を燃焼したり蒸留したりする際にわずかに発生する。

色素の原料とされる。他の PAH と同様、発癌性が疑われている。実験動物にがんを発生させることが報告されている[2]

関連項目[編集]

4個のベンゼン環が縮合した化合物は他に以下の例がある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Merck Index 14th ed., 2255.
  2. ^ TOXICOLOGICAL PROFILE FOR POLYCYCLIC AROMATIC HYDROCARBONS

外部リンク[編集]