クリス・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ルイス
基本情報
ラテン文字名 Chris Lewis
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 同・オークランド
生年月日 1957年3月9日(57歳)
身長 180cm
体重 70kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1973年
引退年 1986年
ツアー通算 11勝
シングルス 3勝
ダブルス 8勝
生涯通算成績 425勝365敗
シングルス 242勝204敗
ダブルス 183勝161敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1981)
全仏 3回戦(1977)
全英 準優勝(1983)
全米 3回戦(1982)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(1980)
全仏 ベスト8(1982)
全英 ベスト8(1981)
全米 2回戦(1981)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 19位
ダブルス 46位

クリス・ルイスChris Lewis, 1957年3月9日 - )は、ニュージーランドオークランド出身の元男子プロテニス選手。1983年ウィンブルドン男子シングルス準優勝者。シングルス自己最高ランキングは19位。ATPツアーでシングルス3勝、ダブルス8勝を挙げた。身長180cm、体重70kg、右利き。

経歴[編集]

クリス・ルイスは1977年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップニュージーランド代表選手となり、彼の時代にニュージーランド・チームはデ杯で最高水準の成績を出した。当時のニュージーランドは、デ杯の「東洋ゾーン」(Eastern Zone)に所属していた。(現在の名称は「アジア・オセアニア・ゾーン」“Asia / Oceania Zone”となっている。)ニュージーランドは1980年まで「東洋ゾーン」決勝でオーストラリア・チームの厚い壁にぶつかっていたが、1981年から世界最上位の16ヶ国による「ワールドグループ」に昇格する。1982年にニュージーランドは国の最高成績を出し、ワールドグループ準決勝に勝ち進んだが、ヤニック・ノアアンリ・ルコントなどの強豪選手を擁するフランス・チームに「2勝3敗」で敗れた。1983年のデ杯ワールドグループでは、ニュージーランドは準々決勝でスウェーデンに敗れている。しかし、1984年のワールドグループ1回戦で敗退したニュージーランドは「ワールドグループ・プレーオフ」でもエクアドル・チームに敗れたため、1985年は「東洋ゾーン」に後退する。ルイスの引退後は、ニュージーランド・チームは全盛時代の輝きを失い、現在は「アジア・オセアニア・ゾーン」の下位グループにいる。

ルイスがウィンブルドン男子シングルス決勝に進出した1983年は、デビスカップでニュージーランドが「ワールドグループ」で上位争いに加わっていた最盛期の時期にあたる。ルイスは決勝戦で、4年連続のウィンブルドン決勝進出となった世界ランキング1位のジョン・マッケンローに挑戦したが、王者の前に全く歯が立たず 2-6, 2-6, 2-6 のストレートで敗れて準優勝に終わり、ニュージーランドのテニス選手としてアンソニー・ワイルディング1883年 - 1915年)以来のウィンブルドン優勝はならなかった。

ルイスの他の4大大会シングルス成績は、全豪オープン全仏オープン全米オープンのいずれも3回戦止まりに終わっている。男子ダブルスでは全米オープン以外の3大会でベスト8に進出した。

クリス・ルイスは1985年のシーズンを最後に男子テニスツアー大会を退き、全豪オープン2回戦敗退が最後のトーナメント参戦になった。彼の現役最後の試合は、1986年3月7日-9日にかけて故郷のオークランドで行われたデビスカップ・ワールドグループ1回戦だった。ニュージーランドはオーストラリアに1勝4敗で敗れ、ルイスはシングルス2試合でピーター・マクナマラポール・マクナミーの両選手にストレート負けした。ルイスの引退と同時に、ニュージーランドのデ杯での黄金時代も幕を閉じた。

外部リンク[編集]