クリス・ホーバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ホーバン

Chris Hovan  No. 99, 95, 93

ディフェンシブタックル
生年月日:1978年5月12日(36歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州ロッキーリバー
身長:6' 2" =約188cm 体重:296 lb =約134.3kg
NFLデビュー
2000年ミネソタ・バイキングス
経歴
大学ボストンカレッジ
NFLドラフト2000年 / 1巡目(全体の25番目)
 所属チーム:
通算成績
(2009年までの成績)
QBサック     22回
タックル     308回
ファンブルフォース     3回
ファンブルリカバー     8回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • カレッジフットボール全米チャンピオン(1974年、1975年)
  • オールアメリカン (1974年、1975年)

クリス・ホーバン(Chris Hovan 1978年5月12日- )はオハイオ州ロッキーリバー出身のアメリカンフットボール選手。現在フリーエージェント。ポジションはディフェンシブタックル

経歴[編集]

高校時代、彼は学校記録となる通算28サックをあげてUSAトゥデイよりオールアメリカンに選ばれた。またラクロスでもオハイオ州のオールステイトに選ばれている。

ボストンカレッジでは先発43試合を含む通算45試合に出場し20.5サックをあげた。4年次にオールアメリカンに選ばれると共に、ロンバルディ賞カレッジフットボールの最優秀ラインマンに与えられる賞)のセミファイナリストに残った。ビッグ・イースト・カンファレンスのオールチームに3回選ばれたがこれはボストンカレッジの選手としては初めてのことであった。

2000年NFLドラフト1巡全体25位でミネソタ・バイキングスに指名されて入団した。入団後すぐにレギュラーとなった彼は、最初の3年間は活躍し、2002年にはオールプロセカンドチームに選ばれている。しかし2003年2004年は出場機会が減少した[1]。バイキングスには5年間在籍し、77試合に出場、192タックル、17サックをあげた。

2005年4月1日、タンパベイ・バッカニアーズと契約、ランディフェンスに貢献し[1]、この年チームはNFC南地区優勝、トータルディフェンスはNFL1位となった。

2006年には5年間1750万ドルの契約延長を勝ち取った[1]

チームキャプテンを務めていたが、サラリーキャップを開けるため、2010年のドラフト直後の4月26日、バッカニアーズから解雇された[1][2]

同年6月9日、セントルイス・ラムズと契約した[3]。しかし8月6日、背中の故障でシーズン絶望となり、故障者リスト入りした[4]

人物[編集]

2011年、かつて在籍したタンパベイ・バッカニアーズに対して、たびたび問題を起こしているアキブ・タリブをチームが甘やかしすぎていると批判した[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Tampa Bay releases DT Hovan”. ESPN (2010年4月26日). 2011年9月16日閲覧。
  2. ^ Black Monday”. 小島智子オフィシャルブログ (2010年4月28日). 2011年9月16日閲覧。
  3. ^ Rams sign veteran DT Hovan”. ESPN (2010年6月10日). 2011年9月16日閲覧。
  4. ^ Rams place Chris Hovan on injured reserve”. NBCスポーツ (2010年8月6日). 2011年9月16日閲覧。
  5. ^ 元バッカニアーズDT、「チームは問題児タリブを甘やかし過ぎた」”. NFL JAPAN (2011年4月23日). 2011年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]