クリス・ゲッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ゲッツ
Chris Getz
Chris Getz on May 25, 2011.jpg
ロイヤルズ時代(2011年5月25日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州サウスフィールド
生年月日 1983年8月30日(31歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 2005年 ドラフト4巡目(全体125位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2008年8月12日 カンザスシティ・ロイヤルズ
最終出場 2014年5月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ライアン・ゲッツChristopher Ryan Getz, 1983年8月30日 - )は、アメリカ合衆国ミシガン州サウスフィールド出身の元プロ野球選手二塁手)。右投左打。

略歴[編集]

プロ入り前[編集]

2002年MLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスから6巡目(全体180位)で指名されたが、契約せずにウェイクフォレスト大学へ進学し、翌年にミシガン大学へ編入した。

プロ入りとマイナー時代とホワイトソックス時代[編集]

2005年MLBドラフトでシカゴ・ホワイトソックスから4巡目(全体125位)で指名され入団。同年はルーキー級のグレートフォールズ・ボイジャーズで6試合、A級カナポリス・インティミデイターズで55試合に出場。

2006年から2007年にかけてAA級バーミンガム・バロンズでプレイし、2008年は、AAA級シャーロット・ナイツでプレイし、オールスター・フューチャーズゲームの米国選抜に選出された[1]8月10日にメジャー昇格を果たし[2]8月12日ロイヤルズ戦でメジャーデビュー。

チームはシーズン終了後、守備位置の重複するアレクセイ・ラミレスを二塁から遊撃へコンバートさせ[3]、ゲッツは二塁手として2009年開幕を迎えた。8月12日から15日間の故障者リスト入りしたものの[4]、107試合に出場し、複数安打試合(28)は新人選手としてリーグ最多、盗塁成功率(92.6%)はリーグ1位を記録し、トップス・ルーキー・オールスターチームに選出された[5]

ロイヤルズ時代[編集]

2009年11月6日ジョシュ・フィールズとともにマーク・ティーエンとのトレードでカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍[6]

2013年12月2日にFAとなった。

ブルージェイズ時代[編集]

2014年1月16日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ[7]。AAA級バッファロー・バイソンズで開幕を迎え、4月29日にブルージェイズとメジャー契約を結んだ[8]。昇格後は10試合に出場したが、打率.160と結果を残せず、5月11日にDFAとなり[9]、5月13日にAAA級バッファローへ降格した。5月16日に現役引退を発表した[10]

現役引退後[編集]

2014年11月20日に、古巣カンザスシティ・ロイヤルズの球団職員になる事が発表された。[11]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 CWS 10 7 7 2 2 0 0 0 2 1 1 1 0 0 0 0 0 1 0 .286 .286 .286 .571
2009 107 415 375 49 98 18 4 2 130 31 25 2 1 3 30 1 6 54 4 .261 .324 .347 .670
2010 KC 72 248 224 23 53 9 0 0 62 18 15 2 3 0 19 1 2 28 3 .237 .302 .277 .579
2011 118 429 380 50 97 6 3 0 109 26 21 7 14 2 30 0 3 45 5 .255 .313 .287 .600
2012 64 210 189 22 52 10 3 0 68 17 9 3 8 2 11 0 0 17 3 .275 .312 .360 .672
2013 78 237 209 29 46 6 1 1 57 18 16 3 8 0 20 3 0 24 9 .220 .288 .273 .561
通算:6年 449 1546 1384 175 348 49 11 3 428 111 87 18 34 7 110 5 11 169 24 .251 .310 .309 .619
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Sheehan, Joe (2008年7月14日). “BP: Futures Game offers glimpse of stars, moments to come” (英語). Sports Illustrated. 2010年2月17日閲覧。
  2. ^ CHICAGO (AP) (2008年8月10日). “Quentin connects for 32nd homer as Dotel, White Sox nip Boston” (英語). ESPN.com. 2010年2月17日閲覧。
  3. ^ Associated Press (2009年3月22日). “Guillen endorses Getz for 2B job” (英語). ESPN.com. 2010年2月17日閲覧。
  4. ^ ESPNChicago.com (2009年8月14日). “Sox put Getz on DL; call up Lillibridge” (英語). ESPN.com. 2010年2月17日閲覧。
  5. ^ Topps names Chris Getz to 2009 Major League Rookie All-Star Team” (英語). MLB.com (2009年11月25日). 2010年2月17日閲覧。
  6. ^ Royals acquire Chris Getz and Josh Fields from White Sox for Mark Teahen and cash considerations” (英語). MLB.com (2009年11月6日). 2010年2月17日閲覧。
  7. ^ Todd, Jeff (2014年1月16日). “Blue Jays Sign Chris Getz”. mlbtraderumors.com. 2014年1月16日閲覧。
  8. ^ Blue Jays Select Getz”. MLB.com Blue Jays Press Release (2014年4月29日). 2014年4月30日閲覧。
  9. ^ Blue Jays activate Janssen”. MLB.com Blue Jays Press Release (2014年5月11日). 2014年5月12日閲覧。
  10. ^ Gregor Chisholm, Teddy Cahill (2014年5月17日). “Getz's retirement no surprise to Gibbons”. MLB.com. 2014年5月23日閲覧。
  11. ^ Royals add former infielder Getz to front office

外部リンク[編集]