クリス・クーパー (アメリカンフットボール)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・クーパー

Chris Cooper  No. 75, 93, 94

ディフェンシブエンド
ディフェンシブタックル
生年月日:1977年12月27日(36歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ネブラスカ州リンカーン
身長:6' 5" =約195.6cm 体重:285 lb =約129.3kg
NFLデビュー
2001年オークランド・レイダーズ
経歴
大学ネブラスカ大学オマハ校
NFLドラフト2001年 / 6巡目(全体の184番目)
 所属チーム:
通算成績
(2010年までの成績)
タックル     132回
QBサック     8.5回
ファンブルフォース     2回
ファンブルリカバー     4回
インターセプト     1回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

クリス・クーパー(Chris Cooper 1977年12月27日- )はネブラスカ州リンカーン出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLオークランド・レイダーズに所属している。ポジションはディフェンシブラインマン

経歴[編集]

ネブラスカ大学オマハ校から2001年のNFLドラフト6巡目でオークランド・レイダーズに指名されて入団し2003年には9試合で先発出場している。後述の薬物使用疑惑に絡んだ後、2004年にダラス・カウボーイズへトレードされたが2試合しか出場できず、同年のシーズン中にサンフランシスコ・フォーティナイナーズに移籍、2006年はシアトル・シーホークスの開幕ロースター53人に残ったがディオン・ブランチの獲得に伴い解雇され[1]アリゾナ・カージナルスで同年13試合、2007年には12試合に出場したものの2008年2月21日にカージナルスを解雇された[2]。同年再びシーホークスに復帰したがトレーニングキャンプ中に故障者リスト入りし1試合も出場できなかった[3]

2009年はUFLカリフォルニア・レッドウッズに所属し[4]2010年4月オークランド・レイダーズに復帰した[5]

人物[編集]

  • プロフットボール殿堂入りを果たしたハウィー・ロングにちなんで「Baby Howie」とレイダーズでは呼ばれている[5]
  • マリオン・ジョーンズらのBALCOに絡んだ薬物使用疑惑が明るみになった際、彼の名前もチームメートと共に取りざたされた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Seahawks sign D.D. Lewis, Chris Cooper”. シアトル・タイムズ (2008年3月26日). 2010年11月3日閲覧。
  2. ^ Three Players Let Go by the Cardinals”. cardinalsgab.com (2008年2月21日). 2010年11月3日閲覧。
  3. ^ Player Stats - Chris Cooper”. ワシントン・ポスト (2010年4月6日). 2010年11月3日閲覧。
  4. ^ Former UFL Player Gives Back”. UFL (2010年8月26日). 2010年11月3日閲覧。
  5. ^ a b Raiders sign Baby Howie-Chris Cooper”. tfdssports.com (2010年4月6日). 2010年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]