クリス・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Chris Crawford, 2011

クリス・クロフォードChris Crawford)は1980年代の著名なゲームをデザインし、The Journal of Computer Game Design誌の立ち上げやComputer Game Developers Conferenceの組織を発足させたゲームデザイナー、ゲーム関連書籍の執筆者である。

1972年カリフォルニア大学デービス校で物理学の理学士、1975年ミズーリ大学コロンビア校で物理学の修士号を取得した後、コミュニティ・カレッジおよびカルフォルニア大で教鞭をとったが、1979年アタリに入社、趣味だったゲームデザインに仕事として関わるようになる。

アタリでは(ベストセラーゲームのEastern Frontを含む)いくつかのゲームに携わりながら、Games Research Groupのマネージャーとして「The Art of Computer Game Design」を執筆した。

1983年から1984年のビデオゲーム業界史上空前の売上不振(俗にいうアタリショック)により解雇され、その後はフリーランスとして高い評価をえてベストセラーとなったバランス・オブ・パワー(25万本に達する売上を上げた)や、商業的には危険な、しかしながら新規性の強いアイデア(Patton Versus Rommelにおける「戦場の霧」の概念など)を持ったストラテジーゲームを続けて世に送り出している。

毎年一万人を超える参加者が集まるGame Developers Conference(GDC)は1987年にクロフォードのリビングルームにゲームデザイナーを集めて行われた会合が始まりである。以来GDCはゲーム業界においてイベントとして急速に規模を拡大させていったが、クロフォード自身はGDCの場からは退くことになった。

1992年以降はStorytron(当初はErasmatron)というコンピューター上でストーリー世界を構築するオーサリングツールに携わっている。このStorytronics development system(SWAT)のプレアルファ版がリリースされており、アルファ版は2006年秋になる見込み。

書籍[編集]

ゲーム[編集]