クリス・オクスプリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・オクスプリング
Chris Oxspring
ロッテ・ジャイアンツ #46
Oxspring.jpg
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 クイーンズランド州イプスウィッチ
生年月日 1977年5月13日(36歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2000年
初出場 MLB / 2005年9月2日
NPB / 2006年4月6日
KBO / 2007年7月21日
最終出場 MLB / 2005年9月17日
NPB / 2006年8月26日
年俸 25万ドル(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Australia.svg オーストラリア
五輪 2004年
WBC 2009年2013年
オリンピック
男子 野球
2004 野球

クリス・オクスプリングChris Andrew Oxspring , 1977年5月13日 - )は、オーストラリア出身のプロ野球選手投手)。韓国球界での登録名は、옥스프링

来歴・人物[編集]

イプスウイッチ州立高校を卒業後、独立リーグであるフロンティアリーグクックカウンティ・チーターズに入団。

2000年秋にトライアウトを受け、サンディエゴ・パドレスと契約。

2004年アテネ五輪ではオーストラリア代表で出場。エースとして2試合に登板し、14回2/3を無失点。日本との準決勝では6回2/3を5安打無失点の好投で、ジェフ・ウィリアムスにつなぎ、チームの銀メダルに大きく貢献。2005年3Aで12勝を挙げ、9月2日にメジャー初昇格を果たす。

2006年の第1回WBCオーストラリア代表に選ばれていたが、同年に入団した阪神でのプレーに集中するためにウィリアムスとともに代表を辞退。オープン戦の序盤こそ本調子ではなかったものの、徐々に調子を上げていき、見事開幕ローテーションを勝ち取った。しかし、立ち上がりが良くても4~5回あたりで突然炎上する悪癖があり、シーズン4勝に終わり、1シーズン限りで退団した。

2007年ミルウォーキー・ブルワーズマイナー契約し、7月に韓国プロ野球LGツインズと契約。LGでは先発投手陣が手薄なこともあり、2008年は右の先発の1番手として活躍した。なお、2009年もLGと契約し、同球団で3シーズン以上在籍することとなった初の外国人選手となったが、開幕前にひじを痛め、結局手術が必要とされ1試合も登板しないまま5月にLGを退団した。

2006年の前大会は出場を辞退したが、2009年の第2回WBCオーストラリア代表に選ばれた。

2010年はリハビリに努め、一時期は古巣LGツインズへの復帰も検討された。11月からオーストラリアン・ベースボールリーグ(ABL)のシドニー・ブルーソックスに所属し先発で好投を続け、12月にデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んだが、2011年5月24日に解雇され、独立リーグ・アトランティックリーグサマセット・パトリオッツと契約した。

2012年からはシドニー・ブルーソックスに復帰し投手兼任コーチとしてプレーした。

2013年の第3回WBCオーストラリア代表に選出された[1][2]

2013年3月20日、ロッテ・ジャイアンツと契約し、4年ぶりの韓国球界復帰となった[3]。同年はチーム最多の13勝と活躍した。

プレースタイル・人物[編集]

ストレートは最速で150km/hを記録した。球種カーブスライダーチェンジアップ。特にカーブはよく曲がり、この投手を特徴付けるものとなっている。

阪神時代の愛称は「オックス」「オク様」など。阪神甲子園球場などでは名前が長いため「オクス/プリング」と改行されて表示されていた。打撃はトレイ・ムーアのような綺麗なスイングで、得意としていた。

なお、2006年6月17日、大阪ドームでの対オリックス戦に先発したとき、相手の投手の名前が「オバミュラー」だったので、洒落で「『オク様対オバ様』という関西らしい組み合わせだ」と話題になっていた。オクスプリングはLG、オバミュラーは三星ライオンズと2人とも2008年は韓国プロ野球でプレーしたが、オバミュラーがシーズン途中で成績不振により解雇されたこともあり、両者の直接対決が実現することはなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2005 SD 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 49 12.0 9 2 6 0 0 11 0 0 8 5 3.75 1.25
2006 阪神 16 15 0 0 0 4 3 0 0 .571 326 77.1 78 8 23 0 3 51 4 1 45 44 5.12 1.31
2007 LG 14 13 1 0 -- 4 5 0 0 .444 345 80.2 75 1 32 0 1 41 2 1 37 29 3.24 1.33
2008 29 28 1 0 -- 10 10 0 0 .500 767 174.0 182 12 77 0 12 110 6 0 83 76 3.93 1.49
2013 ロッテ(G) 30 30 1 1 -- 13 7 0 0 .650 774 183.1 164 10 69 1 11 144 2 0 79 67 3.29 1.27
MLB:1年 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 49 12.0 9 2 6 0 0 11 0 0 8 5 3.75 1.25
NPB:1年 16 15 0 0 0 4 3 0 0 .571 326 77.1 78 8 23 0 3 51 4 1 45 44 5.12 1.31
KBO:3年 73 71 3 1 -- 27 22 0 0 .551 1886 438 421 23 178 1 24 295 10 1 199 172 3.53 1.42
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 58 (2005年)
  • 45 (2006年)
  • 99 (2007年途中 - 2009年途中)
  • 46 (2013年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Australia at the 2013 World Baseball Classic
  2. ^ “元阪神・オクスプリングが日本戦先発”. デイリースポーツ. (2013年2月22日). http://www.daily.co.jp/baseball/wbc/2013/02/22/0005760483.shtml 2013年3月3日閲覧。 
  3. ^ “롯데, LG 출신 베테랑 옥스프링 영입”. ネイバー. (2013年3月20日). http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=baseball&ctg=news&mod=read&office_id=277&article_id=0002959464&date=20130320&page=1 2013年3月20日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]