クリス・ワイドマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・ワイドマン
Chris Weidman.jpg
基本情報
本名 クリストファー・J・ワイドマン
(Christopher J. Weidman)
通称 ジ・オールアメリカン (The All American)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1984年6月17日(30歳)[1]
出身地 ニューヨーク州ボールドウィン[1]
所属 セラ・ロンゴ・ファイトチーム
身長 188cm
体重 84kg
リーチ 198cm
階級 ミドル級
スタイル レスリングブラジリアン柔術
テーマ曲 I Won't Back Down
トム・ペティ
テンプレートを表示
アンデウソン・シウバをKOするワイドマン。

クリス・ワイドマンChris Weidman、男性、1984年6月17日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家ニューヨーク州ボールドウィン出身。セラ・ロンゴ・ファイトチーム所属。ブラジリアン柔術茶帯。現UFC世界ミドル級王者。クリス・ウェイドマンとも表記される。

マット・セラを師に持ち、ダースチョークなどの絞め技と体幹の強さから繰り出す打撃を得意とする[2]

来歴[編集]

ボールドウィン高校時代はレスリングでニューヨーク州王者となり、ホフストラ大学ではNCAAディビジョン1で、オールアメリカンに2度選出された。レスリングではフィル・デイヴィスライアン・ベイダーにも勝利し、ブラジリアン柔術では全米王者となった。2009年にプロ総合格闘技デビュー[1]

2010年9月24日、Ring of Combatミドル級タイトルマッチでユライア・ホールと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座を獲得した。

UFC[編集]

2011年3月3日、UFC初参戦となったUFC Live: Sanchez vs. Kampmannアレッシオ・サカラと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2011年6月11日、UFC 131でジェシー・ボンフェルツと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年1月28日、UFC on FOX 2デミアン・マイアと対戦し、判定勝ち。試合終了直後には2-1のスプリットデシジョンとアナウンスされたが、ダナ・ホワイトのtwitterのツイートにより裁定は3-0のユナニマスデシジョンと変わった[3]

2012年7月11日、UFC on Fuel TV 4マーク・ムニョスと対戦し、肘打ちでダウンを奪いパウンドでKO勝ち[4]。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。試合後のマイクではアンデウソン・シウバへの挑戦をアピールした[5]

2012年10月24日、自宅がハリケーン・サンディの被害を受け、自身も負傷した[6]

2013年7月6日、UFC 162でUFC世界ミドル級王者アンデウソン・シウバとタイトルマッチを行い、左フックからのパウンドで2RKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞し、デビューから10戦全勝でUFC世界ミドル級王者となった。

2013年12月28日、UFC 168でアンデウソン・シウバと再戦。2Rにシウバの左ローキックがワイドマンの膝に直撃し、シウバは左足首を骨折。これによりTKO勝ちとなり、初のUFC王座防衛に成功した。試合後の記者会見では「相手のローキックを膝で防御する練習はしてきた」と語っている[7]

2014年7月5日、UFC 175リョート・マチダと対戦し、判定勝ち。2度目の王座防衛に成功する。

人物・エピソード[編集]

  • ナッソー郡ではワイドマンがUFC王者になったのを記念して、7月17日を「クリス・ワイドマンの日」に制定したとのこと[8]
  • 左肩に「ONLY GOD CAN JUDGE ME」というタトゥーを入れている。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 5 3 4 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
リョート・マチダ 5分5R終了 判定3-0 UFC 175: Weidman vs. Machida
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2014年7月5日
アンデウソン・シウバ 2R 1:16 TKO(左脚の骨折) UFC 168: Weidman vs. Silva 2
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2013年12月28日
アンデウソン・シウバ 2R 1:18 KO(左フック→パウンド) UFC 162: Silva vs. Weidman
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2013年7月6日
マーク・ムニョス 2R 1:37 KO(肘打ち→パウンド) UFC on Fuel TV 4 2012年7月11日
デミアン・マイア 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 2 2012年1月28日
トム・ローラー 1R 2:07 ダースチョーク UFC 139: Shogun vs. Henderson 2011年11月9日
ジェシー・ボンフェルツ 1R 4:54 ギロチンチョーク UFC 131: Dos Santos vs. Carwin 2011年6月11日
アレッシオ・サカラ 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Sanchez vs. Kampmann 2011年3月3日
バウディール・アラウージョ 5分3R終了 判定3-0 Ring of Combat 33
【ROCミドル級タイトルマッチ】
2010年12月3日
ユライア・ホール 1R 3:06 TKO(パウンド) Ring of Combat 31
【ROCミドル級タイトルマッチ】
2010年9月24日
マイク・スチュワート 1R 2:38 TKO(パンチ連打) Ring of Combat 24 2009年4月17日
ルーベン・ロペス 1R 1:35 キムラロック Ring of Combat 23 2009年2月20日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ヴィニシウス・マガリャエス 腕ひしぎ十字固め ADCC 2009
【無差別級 2回戦】
2009年9月27日
アントワーヌ・ジャウジ ポイント ADCC 2009
【無差別級 1回戦】
2009年9月27日
× アンドレ・ガウヴァオン ポイント ADCC 2009
【88kg未満級 2回戦】
2009年9月26日
ダニエル・タベラ ポイント ADCC 2009
【88kg未満級 1回戦】
2009年9月26日

獲得タイトル[編集]

  • ADCC 2009 北米西海岸予選 88kg未満級 優勝(2009年)
  • Ring of Combatミドル級王座(2010年)
  • 第6代UFC世界ミドル級王座(2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
アンデウソン・シウバ
第6代UFC世界ミドル級王者

2013年7月7日 - 現在

次王者
N/A