クリストフ・ボイス・バロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストフ・ボイス・バロット
C.H.D. Buys Ballot
人物情報
生誕 1817年10月10日
オランダの旗 オランダ
死没 1890年2月3日(満72歳没)
出身校 ユトレヒト大学
学問
研究分野 気象学
研究機関 ユトレヒト大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

クリストフ・ボイス・バロット (Christophorus Henricus Diedericus Buys Ballot、1817年10月10日 - 1890年2月3日)はオランダ気象学者である。気象に関するボイス・バロットの法則ボイス・バロット表で知られる。

Kloetinge に生まれた。ユトレヒト大学で学び、1844年からユトレヒト大学の鉱物学地質学講師になった。1846年から化学の講師も兼ね、1847年から数学教授、1867年から物理学の教授になった。ドップラー効果を調べるために列車楽団を乗せて、決められた高さのを演奏させる実験を行った。

気象学に関する業績で最も知られる。1854年にオランダ気象学会を設立し終生会長を務めた。気象学における国際協力の必要性を認めた最初のひとりで、1873年に国際気象委員会の議長を務めた。国際気象委員会は世界気象機関(World Meteorological Organization: WMO)に発展した。

1893年からオランダ科学アカデミーは、気象学の分野の業績に対して授与するボイス・バロット・メダル (Buys Ballot Medal) を設けている。

ボイス・バロットの法則[編集]

ボイス・バロットの法則(ボイス・バロットのほうそく、Buys Ballot's law)は、北半球において、を背にして立つと低気圧の中心が左手の方向にあるという法則で、アメリカの気象学者ウィリアム・フェレルが少し早く発見したが、学会誌にボイス・バロットが発表したので、ボイス・バロットの名前で呼ばれる。

ボイス・バロット表[編集]

1729年から1846年の間のオランダの温度の観測結果から、太陽自転周期を決めるボイス・バロット表(Buys Ballot table)を1847年に発表した。

関連項目[編集]