クリストフ・シュパイデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストフ・シュパイデルChristophe Szpajdel, 1970年 - )は、ベルギージャンブルー出身のロゴデザイナー。通称「ロゴの帝王」。バンドロゴをデザインの観点から扱い、高い評価を得ている。現在は、イギリスデボン州にあるエクセターに住んでいる[1]

人物・作風[編集]

1977年、ロックバンドキッスのロゴを見て以来、ロゴの作成に興味を持つようになる[2]

1989年、ファンジンやバンドのデモテープ等にロゴを提供し始める。

1994年、彼がロゴをデザインしたバンドエンペラーの1stアルバムがリリースされると、瞬く間に彼の名はアンダーグラウンドシーンに広まることとなる[3]

作品にはアール・ヌーヴォーアール・デコウィーン分離派の影響が随所にみられる[4]。その作風からダークな人物であると考えられがちだが、普段は森林管理士として働くという意外な一面も持っている。

活動[編集]

エンペラーウルヴズ・イン・ザ・スローン・ルームなど著名なバンドをはじめとした7000以上のバンドのロゴをデザインしている[5]

著書・画集[編集]

  • 『Lord of the Logos』 単行本 (2010年3月) Die Gestalten Verlag ISBN 3899552822

脚注[編集]

外部リンク[編集]