クリストフ・コメダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クシシュトフ・コメダ(Krzysztof Komeda、1931年4月27日 - 1969年4月23日)は、ポーランドを代表するジャズピアニスト作曲家。本名はクシシュトフ・トルチンスキ(Krzysztof Trzcinski)だが、ジャズを嫌う共産党に目を付けられることを恐れ、ステージネームとしてコメダの名前を使用していた。

コメダは元々医者であったが、1950年代後半からヨーロッパ各国でジャズ演奏の活動を始める。ワルシャワのジャズ・ジャンボリー演奏会などでのライブ録音が残されている。1962年リーダー・アルバム“Crazy Girl”で本格デビュー。1965年“Astigmatic”ではモードを基盤としたフリー手法で緊迫感のある、それまでのイメージを刷新した革新的なサウンドで注目を浴びた。

またコメダは、数多くの映画音楽を手がけ、中でもロマン・ポランスキー監督の『水の中のナイフ』や『ローズマリーの赤ちゃん』、アンジェイ・ワイダ監督の『夜の終わりに』などが有名である。

1969年、不慮の事故のにより37歳で死亡した。

外部リンク[編集]