クリストファー・リピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・リピット(Christopher Lippitt、1744年 – 1824年)は、アメリカ独立戦争時の将軍、実業家。

生い立ち[編集]

同名のクリストファー・リピット(1712年 – 1764年)とキャサリン(・ホールデン)・リピットの第4子として生まれた。1715年以来リピット家はクランストン南西部ホープ周辺のリピット・ヒルを所有していた。21歳でGeneral Assemblyに選出され、独立戦争まで務めた。22歳で民兵大尉、治安判事となった[1]。製材所や農場を所有し、1774年の国勢調査で6人、1790年には2人の奴隷を所有していた[2][3]

アメリカ独立戦争[編集]

1775年にアメリカ独立戦争が勃発すると、ロードアイランド植民地連隊中佐及びプルーデンス島イギリス海軍から防衛するミニットマン中佐となった。 1776年、連隊はジョージ・ワシントンの要請で大陸軍に加わり、モーニングサイド・ハイツへ進軍した。プリンストンの戦いホワイト・プレインズの戦いトレントンの戦いで連隊を指揮した。最終的に大陸軍准将となり、モリスタウンで冬を過ごし、春に連隊の兵役期限が切れるとロードアイランドに戻った。帰還後すぐの1780年、同州民兵の准将に昇進し、フランス軍がニューポートを占拠すると旅団を指揮した。1783年まで大将を務めた[4]

戦後[編集]

戦後、農業に戻り、ロードアイランド州議会に選出され、ロードアイランド州最高裁判所裁判官に任命された。リピットは1780年代に一度、ロードアイランド州では不評だった合衆国憲法の採択を支援したため、公職を解任された[5]

リピットは敬虔なクリスチャンで、地元のメソジストであった。母には聖公会信者として育てられた。独立戦争中、ニューヨークで勤務し、弟チャールズからメソジストを紹介された。1791年、著名な伝道者ジェシー・リーを家に招待し、教えを受けた。この時、妻と娘がメソジストになった。1800年、農場に小さな礼拝堂を建てたが[6]、それ以前から自宅を礼拝堂として提供していた。 その後、Peace Societyに参加した[7]

1805年、クランストンに今日リピット・ヒル・ファーム(Lippitt Hill Farm)として知られる自宅を建てた。

1809年、弟チャールズ、さらには、ベンジャミン・アボーン、ジョージ・ジャクソン、アマサ・メイソン、ウィリアム・メイソンと共に紡績工場Lippitt Manufacturing Companyを創設した[8]。これは19世紀を通じて成長し、数世代で高収益の大企業になった。元々の建物はリピット村(現ウェスト・ウォリック)に現存している[9]

家族[編集]

1777年にウェイティ・ハリス(1755年 – 1836年)と結婚し、以下の子供をもうけた。

  1. スザンナ(1778年 - 1818年)
  2. 息子(1779年)
  3. 息子(1781年)
  4. 息子(1782年)
  5. クリストファー・ジュニア(1783年 - )
  6. ウェイティ(1784年 - )
  7. 娘(1785年)
  8. ウィリアム(1786年 - 1872年)
  9. ジョゼフ(1790年 - ) - オハイオ州に定住。
  10. 息子(1793年)
  11. メアリー(1795年 - )
  12. ベンジャミン(1797年 - 1803年)

リピット家の末裔[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ James N. Arnold, The Narragansett Historical Register (Heritage Books, 1998), pg. 111-113 http://books.google.com/books?id=CuuicaMM3KEC&source=gbs_navlinks_s
  2. ^ 1774 Rhode Island Census (republished in 1858) http://books.google.com/books?id=oc_-CMySsLIC&source=gbs_navlinks_s
  3. ^ http://www.rootsweb.ancestry.com/~rigenweb/census/1790pg26.jpg/
  4. ^ James N. Arnold, The Narragansett Historical Register (Heritage Books, 1998), pg. 111-113 http://books.google.com/books?id=CuuicaMM3KEC&source=gbs_navlinks_s
  5. ^ Lineage book - National Society of the Daughters of the American Revolution, Volume 4 (Daughters of the American Revolution, 1897), pg. 11 http://books.google.com/books?id=LWYZAQAAIAAJ&source=gbs_navlinks_s
  6. ^ A history of the Episcopal Church in Narragansett, Rhode Island: including a history of other Episcopal churches in the state, Volume 2 (DB Updike, 1907)pg. 392 http://books.google.com/books?id=wczOQRy1aB4C&source=gbs_navlinks_s
  7. ^ James N. Arnold, The Narragansett Historical Register (Heritage Books, 1998), pg. 111-113 http://books.google.com/books?id=CuuicaMM3KEC&source=gbs_navlinks_s
  8. ^ Lippitt Manufacturing Company founding agreement http://www.yankeeattic.com/RARE-Lippitt-Manufacturing-Company-in-West-Warwick-Rhode-Island-now-Lippitt-Mill-Revolutionary-WAR-veteran-Christopher-Lippitt/
  9. ^ Lippitt Family papers at RI Historical Society

外部リンク[編集]