クリストファー・ヒル (政治学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・ヒル(Christopher John Hill, 1948年 - )は、イギリスの国際政治学者。専門は対外政策分析、現代ヨーロッパ国際政治。

オックスフォード大学で修士号および博士号取得。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス教授を経て、2004年10月からケンブリッジ大学教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • Cabinet Decisions on Foreign Policy: the British Experience, October 1938-June 1941, (Cambridge University Press, 1991).
  • The Changing Politics of Foreign Policy, (Palgrave, 2003).

編著[編集]

  • National Foreign Policies and European Political Cooperation, (G. Allen & Unwin, 1983).
  • The Actors in Europe's Foreign Policy, (Routledge, 1996).

共編著[編集]

  • Two Worlds of International Relations: Academics, Practitioners and the Trade in Ideas, co-edited with Pamela Beshoff, (Routledge, 1994).
  • Domestic Sources of Foreign Policy: West European Reactions to the Falklands Conflict, co-edited with Stelios Stavridis, (Berg, 1996).
  • European Foreign Policy: Key Documents, co-edited with Karen E. Smith, (Routledge, 2000).
  • International Relations and the European Union, co-edited with Michael Smith, (Oxford University Press, 2005).