クリストファー・パオリーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Christopher Paolini

クリストファー・パオリーニ(Christopher Paolini、1983年11月17日 - )はアメリカ合衆国小説家モンタナ州に住み、処女作となるファンタジー小説『エラゴン』を書いた。彼は『エラゴン』や『エルデスト』を含むドラゴンライダーシリーズの作者としてよく知られている。

経歴[編集]

南カリフォルニアで生まれ、大自然に囲まれたモンタナ州パラダイスバレーで両親と妹の4人家族で育った。イリノイ州シカゴの学校の遠隔教育ホームスクーリングで受け、高校の課程を15歳で終えたあと『エラゴン』と続編『エルデスト』の執筆に取り掛かった。

2002年、両親の経営する出版社から『エラゴン』を出版した。パオリーニは中世の衣装を着て、135の学校や図書館を回りキャンペーンを行った。『エラゴン』の第1刷の表紙は妹のアンジェラが描いた。彼女は内表紙の地図の絵も描いた。

キャンペーンの途中、パオリーニはカール・ハイアセンの義子の通う学校で講演を行った。ハイアセンが知り合いの編集者だったAlfred Knopfにこの本について話したことから、第2刷以降は2003年8月にKnopfの出版社で出版されることに決まった。わずか19歳で、パオリーニはベストセラー作家としてニューヨーク・タイムズに載った。『エラゴン』は同名で映画化・ゲーム化もされた。

『エラゴン』の続編である『エルデスト』は、2005年8月23日に発売された。3作目である『ブリジンガー』は2008年9月23日に発売。このシリーズは4作目まで続くことになっている。 2011年11月に最終巻である『Inheritance』が本国で発売された。日本語版の発売日は未定。

作品[編集]

  • 『エラゴン』 - 処女作、2002年出版
  • 『エルデスト』 - 2005年8月23日出版
  • 『ブリジンガー』 - 2009年3月21日出版

影響[編集]

パオリーニの作品には自然が大きな影響を与えている。フィリップ・プルマンタモラ・ピアスとの鼎談で、彼はパラダイスバレーの自然が発想に大きな影響を与えたと語った。またJ・R・R・トールキンの作品やベオウルフからも大きな影響を受けている。

『エルデスト』の中で、彼は無神論菜食主義エルフを描いているが、彼自身は菜食主義者ではない。

外部リンク[編集]