クリストファー・ケルク・インゴルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・ケルク・インゴルド(sir Christopher Kelk Ingold 1893年10月28日-1970年12月8日)はイギリスのイギリス学派に属する化学者。1913年にサウサンプトンのHartley大学で研究を開始した。1930年ロバート・ロビンソンの後任としてリーズ大学よりロンドン大学の教授に就任し、ロビンソンによって開拓された有機電子論をさらに発展させ、メソメリズムとして完成させた。

主に有機化学において構造と反応機構との関連を中心に研究し、求核置換反応脱離反応に関する業績も多い。

またR.S CahnならびにPrelog等とともに、立体化学で用いられるR/S体表示法の定義であるCIP法Cahn Ingold Prelog conventionを提唱した。