クリストファー・アモット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリストファー・アモット
Christopher Amott
}
基本情報
出生名 Christopher Amott
出生 1977年11月23日(36歳)
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン ハッランド県
ハルムスタッド
ジャンル ヘヴィメタル
メロディックデスメタル
ハードロック
ギターポップ
サイケデリック・ロック
アコースティック
ブルースロック
職業 ギタリスト
ボーカリスト
作曲家
担当楽器 ギター
ボーカル
活動期間 1996年 -
レーベル トゥルーパー・エンタテインメント
共同作業者 アーチ・エネミー
アルマゲドン
ゴースト・シップ・オクタヴィウス
著名使用楽器
キャパリソン 'Dellinger-CA'

クリストファー・アモットChristopher Amott1977年11月23日 - )は、スウェーデンハルムスタッド出身のギタリスト。兄はアーチ・エネミーのリーダーマイケル・アモットであり、兄弟で共に同バンドのギタリストとして活動していた。略称は「クリス・アモット」。

なお、この項目ではクリストファーがアーチ・エネミーと並行して活動していたプロジェクト、「アルマゲドン」についても触れる。

略歴[編集]

  • 1996年、兄マイケルと共にアーチ・エネミーを結成し、当時18歳の若さでデビュー。当初はプロジェクトとして始まったものであったが好評だったため、それ以降も続けることとなった。1997年には自身のプロジェクト「アルマゲドン」を結成。アルマゲドンはこれまでにアルバムを3枚出しているが、プロジェクトということもあり彼以外のメンバーは常に流動的であった。
  • バンド活動も順調であった2005年、学業への専念を理由にアーチ・エネミーから脱退する。
  • 2007年3月、アーチ・エネミーへの復帰を表明。
  • 2010年には、ソロ名義で、アルバム『Follow Your Heart』をリリース。このアルバムでは、ギターポップサイケデリック・ロックアコースティックブルースロックなどを演奏した。ボーカルもクリストファーが担った。
  • 2012年3月、アーチ・エネミーを脱退。脱退の理由についてバンド側は、『ただ単にエクストリームなメタルを演奏することに今はもう違和感を覚えるようになってしまったというだけの話』と語っている[1]
  • 2012年7月、ソロ名義での2ndアルバム『Impulses』をリリース。前回はギターポップ路線であったが、今回はハードロック路線となっている[2]
  • 2012年10月、ソロでLOUD PARK12に来日。サポートメンバーは、ギターにゴッド・フォービッドのマット・ウィックランド、ドラムに元ネヴァーモアのヴァン・ウィリアムス。シャドウズ・フォールのマット・バチャンドもベーシストとしてサポートする予定だったが、パスポート紛失のため来日できず、バンドはベースなしで演奏を行った。
  • 2013年 ゴースト・シップ・オクタヴィウスを結成するが短期間で脱退。クリストファー以外のメンバーを総入れ替えし、アルマゲドンを11年ぶりに再始動。新作製作に移った。

人物[編集]

  • 雑誌などのインタビューではマイケルとは対照的に声が小さく、あまり喋らない。
  • バンド脱退前までは金髪のしなやかなロングヘアーが特徴的であった。脱退後は一時期スキンヘッドにしたと言われているが、復帰までに髪を伸ばしたとのこと。

音楽的特徴[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アーチ・エネミーに関してはその項で、アルマゲドンについては下で紹介する。

ソロ名義[編集]

レコーディング参加作品[編集]

アルマゲドン[編集]

アルマゲドン
Armageddon
基本情報
出身地 スウェーデンの旗 スウェーデン ハッランド県
ハルムスタッド
ジャンル メロディックデスメタル
ヘヴィメタル (2ndアルバム)
ハードロック (3rdアルバム)
活動期間 1997年 - 2002年
2012年 -
レーベル WARミュージック
トイズファクトリー
共同作業者 マイケル・アモット
メンバー
クリストファー・アモット (ギターボーカル)
マット・ハルクイスト (ボーカル)
ジョーイ・コンセプション (ギター)
サラ・クラウディウス (ベース)
マートン・ヴェレス (ドラム)
旧メンバー
ヨナス・ナイレン (ボーカル)
マーティン・ベンソン (ベース)
ピーター・ウィルドアー (ドラム)
リカルド・ベンソン (ボーカル)
ディック・ロウグレン (ベース)
トビアス・ガスタフソン (ベース)
ダニエル・アーランドソン (ドラム)

クリストファーのプロジェクトバンドである。レコーディングにはアーチ・エネミーの一部のメンバーが参加していた。2007年現在までに3枚のアルバムを出している。日本盤は3枚ともトイズファクトリーから販売されていたが、現在は廃盤となっている。また、2ndアルバムと3rdアルバムは日本でしか発売されていない。

1stではアーチ・エネミーに対抗したかの様なメロディックデスメタルを基本としつつも、よりスラッシュメタル的な作風を披露(プログレッシヴな完成も窺える)[3]。2ndでは現「ラスト・トライブ」のリカルド・ベンソンをボーカリストに迎え[4]、前作とは一転してオーソドックスなヘヴィメタル路線を展開。3rdではスリー・ピース体制になり、よりシンプルなハードロック路線に(ボーカルもクリス自身が担当している)。

2005年夏、クリストファーは学業専念の為一時的に音楽界から退いた際、「もうアルマゲドン名義でやっていく事はないだろう。」と当時のBURRN!誌などで語り、3枚のアルバムの出来に満足しておらずほとんど聴き返すこともないと認めていた。2010年に、クリストファー・アモットのソロ名義のアルバムはリリースしているが、こちらはアルマゲドンとは別物である。

2012年、クリストファーがアーチ・エネミーから脱退すると音楽プロジェクトとして再始動。2014年には、新アルバムのトレーサーも公開されている[5]。再始動後は、再びメロディックデスメタルを演奏するようになった。

メンバー[編集]

現メンバー[編集]

3rdアルバムのみボーカルを担った。
  • マット・ハルクイスト (Matt Hallquist) - ボーカル
  • ジョーイ・コンセプション (Joey Concepcion) - ギター
  • サラ・クラウディウス (Sara Claudius) - ベース
  • マートン・ヴェレス (Márton Veress) - ドラムス
Pokolgépでも活動。

旧メンバー[編集]

  • ヨナス・ナイレン (Jonas Nyrén) - ボーカル
イン・ザイ・ドリームスで活動していた。1stアルバムに参加。
  • マーティン・ベンソン (Martin Bengtsson) - ベース
アーチ・エネミーでも活動していた。1stアルバムに参加。
ダーケインや、アーチ・エネミーペスティレンスエレクトロキューション250ジェイムズ・ラブリエなどで活動。1stアルバムに参加。
  • リカルド・ベンソン (Rickard Bengtsson) - ボーカル
ラスト・トライブでも活動していた。2ndアルバムに参加。
  • ディック・ロウグレン (Dick Lövgren) - ベース
メシュガーで活動中。2ndアルバムに参加。
  • トビアス・ガスタフソン (Tobias Gustafsson) - ベース
ユーカリストでも活動していた。3rdアルバムに参加。
アーチ・エネミーでもクリストファー・アモットとともに活動中。2ndアルバムと3rdアルバムに参加。

ディスコグラフィー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://trooper.co.jp/artist_archenemy.html
  2. ^ http://www.trooper.co.jp/artist_chris_amott.html
  3. ^ ただし、1stの作曲は主に兄のマイケル・アモットが行った。
  4. ^ この縁からか、後にリカルドはアーチ・エネミーの『Doomsday Machine』のプロデューサーを務める事になる。
  5. ^ http://www.blabbermouth.net/news/former-arch-enemy-guitarist-christopher-amott-returns-with-new-armageddon-lineup-album/ 2014年7月3日閲覧。

関連項目[編集]