クリスティン・ハルヴォルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスティン・ハルヴォルセンKristin Halvorsen1960年9月2日 - )はノルウェー政治家社会主義左翼党党首1997年 - )。2005年10月17日から第2次ストルステンベルク内閣において第78代財務大臣を務める。党初、ノルウェー史上でも女性初の財務大臣就任となった。個人的人気が高いものの、2005年のノルウェー議会(ストーティング)議員選挙で党が大敗したことから、ここ数年は党内左派を中心に党首辞任の声が絶えない模様。

来歴[編集]

クリスティン・ハルヴォルセン

ヴェストフォル県ホーテン生まれ。大学教育学犯罪学とを学んだ後、法律事務所にて秘書として勤務。1989年、ノルウェー議会議員にオスロ選挙区から初当選を果たし、財政委員会1989年 - 1997年)や憲法問題諮問委員会(1997年 - 2001年)の各委員を歴任する。現在は選挙、外交問題の各委員会委員に就いているが、閣僚在任中は両職から離れている。

ノルウェーの政党党首としては初めてブログを開設したことでも知られる。夫はノルウェー放送協会プロデューサー

エピソード[編集]

2006年1月5日パレスチナ人民との連携の意思表示としてイスラエル製品ボイコットを呼び掛けた[1]が、閣内や連立を組む他党から批判を受けたことから[2]後に謝罪した[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]