クリスティアン・ツー・シャウムブルク=リッペ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスティアン・ツー・シャウムブルク=リッペChristian Prinz zu Schaumburg-Lippe, 1898年2月20日 エーデンブルク - 1974年7月13日 ビュッケブルク)は、ドイツの旧諸侯シャウムブルク=リッペ家の侯子。全名はクリスティアン・ニコラウス・ヴィルヘルム・フリードリヒ・アルベルト・エルンストChristian Nikolaus Wilhelm Friedrich Albert Ernst)。

シャウムブルク=リッペ侯子フリードリヒと、その最初の妻であるデンマークフレゼリク8世の娘ルイーセの間の第2子、長男として生まれた。ボヘミアナーホトを所有する富裕な大地主の嗣子として育ったが、第2次世界大戦後のチェコスロバキアの共産化に伴って所領を没収され、西ドイツに逃れた。1927年にギリシャ王女イリニと婚約するが、後に破談に終わった[1]。1937年9月9日にフレゼンスボー宮殿英語版において、母方の叔父ハーラル王子の娘フェオドラと結婚した。夫妻は間に4人の子女をもうけた。

  • ヴィルヘルム・フリードリヒ・ハーラルト・クリスティアン・エルンスト・アウグスト・カール・グスタフ(1939年 - )
  • ヴァルデマール・シュテファン・フェルディナント・ヴォルラート・フリードリヒ・カール(1940年 - )
  • マリー・ルイーゼ・フリーデリケ・ツェツィーリエ・アレクサンドリーネ・ヘレーネ・バティルディス・シュテファニー(1945年 - )
  • ハーラルト・クリスティアン・レオポルト・グスタフ(1948年 - )

脚注[編集]

  1. ^ “Princess Irene Tells Engagement To Prince Christian of Schaumburg-Lippe”, The New York Times (Vienna), (13 October 1927) 

外部リンク[編集]