クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェ
Christian Gottlob Neefe
ネーフェの肖像画(アンドレア・ルケージの肖像とする説もある)}
ネーフェの肖像画
アンドレア・ルケージの肖像とする説もある)
基本情報
出生 1748年2月5日
出身地 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ケムニッツ
死没 1798年1月28日(満49歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 デッサウ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
指揮者
オルガニスト
担当楽器 オルガン

{{{Influences}}}

クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェChristian Gottlob Neefe, 1748年2月5日 - 1798年1月28日)は、ドイツオペラ作曲家指揮者オルガニスト

生涯[編集]

ネーフェは1748年、ケムニッツの歴史ある職人の家庭に生まれた。学生時代には既に教師達に認められるほどの才能を示していた。彼はケムニッツの学校からライプツィヒ大学へ進学して勉学を続け、1771年に作曲家のヨハン・アダム・ヒラーライプツィヒに開いた音楽学校の最初の生徒となる。ヒラーの最も優秀な門弟とされたネーフェは、1776年に「セイラー劇団」(Seylerschen Theatergesellschaft)の指揮の後継者となった。その後、彼はこの劇団を率いてドレスデンフランクフルト・アム・マインマインツケルンなどで指揮者を務めた。

1779年、ネーフェはセイラー劇団の破産という経済的失敗によって、皮肉にも芸術家として名を知らしめることとなる。その年のうちに、ネーフェはボンの劇場で活動していた劇場管理人グスタフ・フリードリヒ・グロスマンde:Gustav Friedrich Großmann)の劇団に、作曲家兼音楽監督として迎えられた。それから間もなく、彼はさらに宮廷オルガニストにも任命された。宮廷オルガニストのつとめとして、弟子の育成を行うということがあった。

ネーフェはピアノオルガンおよび作曲の教師を務め、最も有名な教え子として1782年から教えを受けていたベートーヴェンが挙げられる。この大器にネーフェは愛情を注ぎ、習作の出版を促している。

1794年フランス革命の軍隊がライン地方に進出し、ネーフェはボンでの役職を失う。彼はその後1796年デッサウへ移り、その地で劇団の監督職に就き、残りの生涯をこの地で過ごした。1798年1月28日、50歳の誕生日間近に逝去。

作品[編集]

ネーフェの音楽作品としては、数多くの室内楽曲、ピアノ曲、合唱曲およびオペラ作品が挙げられる。彼は、当時最高のジングシュピール作曲家のひとりと見なされている。

  • 薬屋(Die Apotheke) - 2幕ジングシュピール、1771年
  • ヴェルトハイムのアーデルハイト(Adelheit von Veltheim) - 4幕ジングシュピール、1772年