クリスチャン・マイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスチャン・マイヤーChristian Mayer1719年8月20日 - 1783年4月16日)は、オーストリア天文学者イエズス会司祭である。いくつかの連星の発見、金星の日面通過の観測などを行った。

モラビアに生れた。1745年にイエズス会に入り、1752年ハイデルベルク大学の数学と物理の教授になった。選帝侯カール・テオドールシュヴェッツィンゲンマンハイムに天文台を建設した時、天文係になった。1773年、イエズス会の解散が命令されたので、その職を失うが、その後も各地でジョヴァンニ・カッシーニらと天文学の観測を続けた。1769年の金星の日面通過の観測ではエカチェリーナ2世の招きに応じてサンクトペテルブルクで観測をおこなった。

関連項目[編集]