クリスチャン・ジャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリスチャン・ジャック(Christian Jacq、1947年 -)は、作家エジプト学者。フランスパリの生まれ。ソルボンヌ大学で哲学と古典文学を学んだ後、エジプト学の研究で学位を取得した。

古代エジプトを舞台にした作品を多数執筆している。 1995年には5巻からなる「太陽の王ラムセス」のシリーズを発表した。 これはベストセラーとなり日本を含む25ヶ国以上で出版された。

作品リスト[編集]

  • 『太陽の王ラムセス』
  • 『太陽の王ラムセス1』
  • 『大神殿』
  • 『カデシュの戦い』
  • 『アブ・シンベルの王妃』
  • 『アカシアの樹の下で』
  • 『光の王妃アンケセナーメン』
  • 『ブラック・ファラオ』
  • 『ピラミッドの暗殺者』
  • 『解かれた封印』
  • 『砂漠を覆う闇』
  • 『最後の審判』
  • 『永遠のツタンカーメン』
  • 『光の石の伝説』
  • 『ネフェルの目覚め』
  • 『巫女ウベクヘト』
  • 『パネブ転生』
  • 『ラムセス再臨』
  • 『自由の王妃アアヘテプ物語』