クリスチャン・エゲノルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Christian Egenolff
Herbarum, arborum, fruticum, frumentorum ac leguminemの図版

クリスチャン・エゲノルフ(Christian Egenolffまたは Egenolph、しばしば Christian Egenolff, the Elder、1502年7月26日 - 1555年2月9日)は、16世紀のドイツの印刷業者、出版業者である。フランクフルトで最初に出版を始めた人物であり、エゲノルフの出版した書籍には、本草書、『ハーブ、木、低木、野菜や穀物』(Herbarum, arborum, fruticum, frumentorum ac leguminem)があり、また数学者のアダム・リースや神学者、デジデリウス・エラスムスウルリヒ・フォン・フッテンなどの書籍の再刊がある。

生涯[編集]

ハダマールに生まれた。マインツ大学人文科学を学んだ。シュトラスブルクで書籍販売の商売を始めた。1530年からフランクフルトで印刷業、出版業、活字鋳造所を始めた。その後の25年間に400の書籍を出版した。ニュルンベルクの画家、ハンス・ゼーバルド・ベーハム(Hans Sebald Beham)やフィルギル・ソリス(Virgil Solis)らの版画の図入りの書籍を出版した。孫娘と結婚したヤコブ・サボン(Jacques Sabon)と新しい活字体の開発の仕事をしたことでも知られる。

エゲノルフの本草書は、1533年に、ハンス・ヴァイディッツが挿絵を描いて、オットー・ブルンフェルスが解説した『植物写生図譜』(Herbarium vivae icones)から多くの図を流用したもので、出版者のヨハン・ショットから、著作権に関して訴えられことになった。エゲノルフは自然の植物に著作権のないこと、植物はすべての画家にとって共有の対象であることを主張した。

1535年にドイツ語聖書を出版し、自らが編集した年代記を出版し、その後、Hans Sachs、Johann Eichmann、Sebastian Munster、 Philipp Melanchthon、Sebastian Franckらの著作を出版した。フランクフルトで没し、出版業は未亡人と娘と、娘と結婚したAdam Lonicerによって引き継がれ、1602年まで続けられた。

外部リンク[編集]