クリコロ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリコロ州
‎La région de Koulikoro
位置
Mali - Koulikoro.svg
マリ共和国におけるクリコロ州(塗りつぶし部)。
管理
: マリ共和国の旗 マリ
州都: クリコロ
知事: -
: 7
コミューン: 108
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
2,418,305人
 • 27人/km²
地理
面積: 90,120 km²
等時帯: WATUTC+0
ISO 3166-2: ML-2
テンプレートを表示

クリコロ州(Koulikoro Region)は、マリ共和国の州。マリ西部に位置し、首都バマコを取り囲む地域を州域としている。(バマコは州からは独立している)。州都はクリコロ

歴史[編集]

クリコロ州域は、かつてガーナ王国スースー王国英語版マリ帝国などさまざまな国家によって支配された。

地理[編集]

クリコロ州は北をモーリタニア、東をセグー州、南をシカソ州、南西をギニア、西をカイ州とそれぞれ接する。 この地域にはニジェール川を始めとして、バオレ川、サンカラニ川、バオゲ川、バニ川、バフィン川などの川が流れている。バマコ市の北側には、サヘル地帯が広がっている。 州内には州都クリコロをはじめ、カティ、コロカニ、ナラ、バナンバ、ディオイラなどの都市が存在する。ブークル・デュ・バウレ国立公園などいくつかの自然保護区がある。

住民[編集]

住民はバンバラ人マンディンゴ人ソモノ人(Somono)が多く、ニジェール川流域周辺に集まっている。 この地域は、マンディンゴ人の故地として知られている。マンディンゴ人はマリ帝国を築き上げた歴史とともに、グリオなどの伝統的な文化を保持していることでも知られている。この地域はイスラム化されたものの、現在でもアニミズム的な伝統が根強く残っている。この地域では、バンバラ語が最もよく使われる言語である。クリコロは伝統的な人形劇場で知られている。ミュージシャンのサリフ・ケイタやロキア・トラオレはこの州の出身である。

産業[編集]

カティ圏カンビラ村の家畜市

クリコロ市はダカール・ニジェール鉄道の終点であると同時に、増水期に運行されるニジェール川水運の起点でもある。増水期になると、クリコロからセグーモプティトンブクトゥガオなど下流の諸都市に向けて船が運航する。

クリコロ州は農業が主産業であるが、セリングエ・ダムの水力発電やファナの綿工業など工業も一部で行われている。

行政区画[編集]

クリコロ州の各圏

クリコロ州は、7つの圏(Circle)に分かれている。

  1. ナラ圏 --- ナラ英語版
  2. バナンバ圏 --- バナンバ英語版
  3. コロカニ圏 --- コロカニ英語版
  4. クリコロ圏 --- クリコロ
  5. ディオイラ圏 --- バンコ英語版(Dioïlaを含む)
  6. カティ圏 --- カティ英語版
  7. カンガバ圏 --- カンガバ英語版en:Benkadi Habaladougouen:Kéniéba, Koulikoro

2001年時点の人口は1,516,486人。