クリオ (シエラレオネ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリオ
The Sierra Leone Krio
Samuel Coleridge-Taylor.jpg
サミュエル・コールリッジ=テイラー
総人口

377,003人(シエラレオネの総人口の約5.8%)

居住地域
フリータウン
言語
クリオ語
宗教
99%がキリスト教、1%がイスラーム
関連する民族

アメリコ・ライベリアンアフリカ系イギリス人アフリカ系アメリカ人西インド諸島人アク人サロ人イボ人アフリカ系ラテンアメリカ人

クリオ(Krio)とは西アフリカシエラレオネ共和国に住むクレオール人及びそのクレオール語の呼名である。

主に奴隷制度から解放された、解放奴隷の黒人の子孫で、さらにシエラレオネの先住部族や白人の混血も見られる。4万人から8万人のクリオ人がシエラレオネは首都フリータウンがあるフリータウン半島に住む。クリオ人はシエラレオネでは少数派だが西洋文化を身に付け、高い教育も受け、1961年に独立するまではシエラレオネの政治を支配してきたためエリートだった。地元民は1951年に政権を獲得した。

クリオは主に1787年から1808年の間にイギリスグランビル・シャープを始めとする奴隷廃止主義者により、助けられて自由になった奴隷の黒人達の移住地としてシエラレオネにやって来た。最初の入植地として「自由の国」の意味するフリータウンを建設した事に始まる。最初はイギリスからやって来た解放奴隷やギニア湾沖でイギリス海軍により助けられた奴隷船アフリカ人の奴隷で、後に北アメリカ(主にカナダなど)やジャマイカを始めとした、西インド諸島からシエラレオネにやって来る。クリオ人はそれらの解放奴隷の子孫である。また現在、フリータウンにてクリオ子孫連合(Krio Descendants Union)と言う団体が存在する。この団体はかつてアフリカから奴隷として連れて来られたアメリカやジャマイカなどカリブ地域の黒人達の子孫との結び付きを強め、彼らとの繋がりを意識しようとする事を目的に活動している。

主なクリオ出身者[編集]

関連項目[編集]