クラントル (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラントル
83982 Crantor
Crantor orbit.tiff
クラントルの軌道(青色)。
灰色は木星の軌道。
仮符号・別名 2002 GO9
分類 小惑星
軌道の種類 ケンタウルス族
発見
発見日 2002年4月12日
発見者 NEAT
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 19.535 AU
近日点距離 (q) 14.055 AU
遠日点距離 (Q) 25.016 AU
離心率 (e) 0.281
公転周期 (P) 86.35 年
軌道傾斜角 (i) 12.765°
近日点引数 (ω) 93.313°
昇交点黄経 (Ω) 117.44°
平均近点角 (M) 20.072°
前回近日点通過 2002年頃
次回近日点通過 2088年頃
物理的性質
直径 85? km[要出典]
絶対等級 (H) 8.5983
■Project ■Template

クラントル (83982 Crantor) は、太陽系小惑星のひとつ。土星海王星の間を巡る楕円軌道にある。

2002年アメリカ航空宇宙局 (NASA) の地球近傍小惑星追跡プロジェクト (NEAT) によって発見された。ギリシア神話ラピテス族の王ペイリトオスの結婚式に招待され、ラピテス族とケンタウロスの争いで戦った勇士クラントルに因んで名付けられた。

2006年には、クラントルが天王星のトロヤ群に属する事が示唆されたが、実際にはクラントルは土星の重力の影響を受けて軌道が不安定であり、実際には属していないと考えられている[1][2]

2010年、冥王星探査機ニュー・ホライズンズが遠方から探査を行った。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
(83981) 2002 EJ22
小惑星
クラントル (小惑星)
次の小惑星:
(83983) 2002 GE39