クラレンス・アダムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラレンス・アダムズ
基本情報
通称 ボーンズ
階級 バンタム級スーパーバンタム級フェザー級
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1974年7月6日(40歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州ヘンダーソン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 56
勝ち 44
KO勝ち 20
敗け 7
引き分け 4
無効試合 1
テンプレートを表示

クラレンス・アダムズClarence Adams1974年7月6日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーケンタッキー州ヘンダーソン出身。身長168cm、リーチ170cm。元WBA世界スーパーバンタム級王者。

来歴[編集]

1990年4月3日、わずか15歳でプロデビュー。矢継ぎ早に試合を重ね、1992年4月4日、24戦目でWBCアメリカ大陸バンタム級王座を獲得。

1993年3月27日、27戦無敗(1引き分けを含む)の戦績を引っさげ、後にバンタム級最多記録となる16度の防衛を果たす名王者オルランド・カニザレスの持つIBF世界バンタム級王座に挑むも、11ラウンドTKO負け。この試合を含め3連続KO負けを喫し低迷。

1995年9月9日、ケビン・ケリーとのWBU世界フェザー級王座決定戦に臨むが、引き分けでタイトル獲得ならず。

1997年8月3日、IBAインターコンチネンタルフェザー級王座を獲得。

2000年3月4日、WBA世界スーパー・バンタム級王者ネストール・ガルサに挑戦。第1ラウンドと第5ラウンドにはダウンを奪い、大差判定勝ちで王座を獲得した。同王座は2度防衛後に返上。

2001年8月4日と翌年2月23日、ポーリー・アヤラと2連戦を行うが、いずれも判定負け。同年11月16日、グティ・エスパダス・ジュニアに判定負けで3連敗。

続くマヌエル・セペダ戦(2003年7月1日)も負傷引き分けに終わり、この試合を最後に一旦引退。

しかし2006年に現役復帰し、年に1戦のペースで試合を重ねる。2007年5月23日、WBCアメリカ大陸フェザー級王座を獲得。 現時点でのラストファイトは、2010年2月19日のエデル・ルイス戦(4ラウンドTKO負け)。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ネストール・ガルサ
第19代WBA世界スーパーバンタム級王者

2000年3月4日 - 2001年7月6日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ヨベル・オルテガ