クラレンス"ゲイトマウス"ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゲイトマウス・ブラウン
クラレンス“ゲイトマウス”ブラウン}
クラレンス“ゲイトマウス”ブラウン
基本情報
出生名 Clarence Brown
別名 ゲイトマウス、ゲイト
出生 1924年4月18日
米国ルイジアナ州ヴィントン
死没 2005年9月10日(満81歳没)
米国テキサス州オレンジ
ジャンル ブルーススウィングカントリーケイジャン
職業 歌手ギタリスト
担当楽器 ギター
ヴァイオリン
ヴォーカル
活動期間 1947年2005年
レーベル ピーコック
ラウンダー
アリゲーター
ヴァーヴ
共同作業者 ゲイツ・エクスプレス
ハロルド・フロイド
デヴィッド・ピーターズ
ジョー・クラウン
エリック・デマー

クラレンス“ゲイトマウス”ブラウンClarence "Gatemouth" Brown, 1924年4月18日 - 2005年9月10日)は米国ルイジアナ州ヴィントン出身のギタリスト歌手。本名はクラレンス・ブラウン。ジャンルとしてはブルースだが、本人はブルースの枠に押し込められることを嫌い、アメリカン・ミュージックのアーティストであることを主張していた。実際に、そのサウンドはブルースを基調にしながらもケイジャンカントリー&ウェスタンジャズなど幅広く、我が道を突き進んでいた感がある。

来歴[編集]

幼少期[編集]

1924年、テキサス州との州境の町、ルイジアナ州ヴィントンに生まれた。カントリー・フィドラーだった父親の影響でゲイトマウスはフィドルをプレイするようになった。ギターのイメージが強い彼だが、この他ヴィオラドラムスハーモニカピアノなども操るマルチプレイヤーだった。

1947-61年 初期[編集]

1947年マックスウェル・ディヴィスのオーケストラをバックに4曲をレコーディング。これがデビューとなる。同年ドン・ロビーの興したピーコックへ移籍。61年まで在籍し、"Okie Dokie Stomp"、"My Time's Expensive"など、多くの作品を残す。

1960年代[編集]

ピーコックを去ったあとは、彼のキャリアの中でも空白期である。ハーミテッジ、シンデレラなどのマイナー・レーベルにいくつかレコーディングを残してはいるが、目立った活動は少ない。66年にTV番組THE!!!! BEATのバックバンドの一員として、プレイしている。1960年代後半には一度音楽ビジネスから離れ、彼はニューメキシコ州に移住して保安官代理として務めた。

1970年代[編集]

初のヨーロッパ・ツアーをはじめ、ヨーロッパでの活動が多くなる。ブラック&ブルー、バークレイといったフランスのレーベルに作品を残す。初期のスウィング的なものとは対照的に、バークレイではケイジャンカントリーを前面に押し出し「アメリカン・ミュージックのゲイト」を鮮明にしている。76年にはアメリカのレーベルMusic Is Medicineより、アルバム「Blackjack」をリリース。デビューから29年経って発表したこのアルバムが、本国でのデビュー・アルバムだった。78年にはボビー・ブランドとのジョイントのコンサートで初来日を果たした。

1980年代以降[編集]

81年のアルバム「Alright Again!」がグラミー賞を受賞。他ラウンダーアリゲーターヴァーヴなどからコンスタントにアルバム発表した。90年代以降は、不動のメンバーで精力的にツアーもこなした。来日も計5回を数えた。肺気腫、肺がんに冒された晩年もツアーはやめることはなく、トレードマークのパイプも吸い続けた。体力の衰えを押して2003年にも来日をしている。

2005年8月29日、アメリカ南部を襲ったハリケーン・カトリーナで、ルイジアナ州スライデルにあった彼の自宅は全壊してしまった。彼は無事避難したが、その精神的ショックもあったのか、病に蝕まれたゲイトマウスは、その僅か12日後、避難先のテキサス州オレンジで、81歳の生涯を閉じた。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 1971年 The Blues Ain't Nothing (Black And Blue)
  • 1973年 Gate's On The Heat (Barclay)
  • 1973年 Sings Louis Jordan (Black And Blue)
  • 1973年 Cold Storage(Black And Blue)
  • 1974年 Down South...In The Bayou Country (Barclay)
  • 1975年 Bogalusa Boogie Man (Barclay)
  • 1976年 Blackjack (Music Is Medicine)
  • 1977年 Heatwave (with Lloyd Glenn) (Black And Blue)
  • 1978年 Double Live At The Cowboy Bar (Music Is Medicine)
  • 1981年 Alright Again! (Rounder)
  • 1982年 One More Mile (Rounder)
  • 1985年 More Stuff (Black And Blue)
  • 1986年 Real Live (Rounder)
  • 1989年 Standing My Ground (Alligator)
  • 1992年 No Looking Back (Alligator)
  • 1994年 The Man (Gitanes/Verve)
  • 1995年 Long Way Home (Gitanes/Verve)
  • 1997年 Gate Swings (Gitanes/Verve)
  • 1999年 American Music, Texas Style (Blue Thumb/Verve)
  • 2001年 Back To Bogalusa (Blue Thumb/Verve)
  • 2004年 Timeless (Hightone)

編集盤[編集]

  • The Original Peacock Recordings (Rounder)
  • Hot Times Tonight (P-Vine)
  • The Best Of Clarence "Gatemouth" Brown-A Blues Legend (Verve)

外部リンク[編集]