クララ・ウェブスター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クララ・ウェブスター

クララ・ウェブスターClara Vestris Webster1821年 - 1844年12月17日)は、イギリスバレエダンサーである。

生涯[編集]

クララ・ウェブスターは、バースで生まれた[1][2]。父のベンジャミン・ウェブスター(Benjamin Webster)は、著名なバレエダンサーのガエタノ・ヴェストリスに指導を受けたバレエ教師で、彼女は1830年から舞台に出演し、兄のアーサーとともにパ・ド・ドゥを踊っていた[1][2]

1836年ロンドンに出て、その後ダブリンリヴァプールマンチェスターなどでも踊った。スペイン舞踊カチューチャやチロル地方の舞踊チロリエンヌなどのダンスを、イギリスで初めて踊ったダンサーの1人とされる[1][2]

1844年12月、ロンドンのドルリー・レーン劇場(Drury Lane Theatre)で『ハーレムの反乱(The Revolt of the Harem)』という作品に出演していたときに事故が起きた。水浴のシーンで、女奴隷の1人に扮していた彼女の衣装にガス灯の炎が燃え移り、大火傷を負ってしまったのである。クララは2日後に死去した[1][2][3]

彼女の墓は、ロンドンのKensal Green Cemeteryに現存している[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 薄井、54-58頁。
  2. ^ a b c d 『オックスフォード バレエダンス辞典』73頁。
  3. ^ 1861年には、フランスのバレエダンサー、エマ・リヴリーが同様の事故で死去している。
  4. ^ Find a Grave 2011年1月18日閲覧。(英語)
  5. ^ Kensal Green Cemetery - Famous / Notables 2011年1月18日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]