クラブリー川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラブリー川
Ranong 98.60435E 9.94922N.jpg
延長 139 km
水源 ミャンマータニンダーリ管区
河口・合流先 ラノーン県ムアンラノーン郡
流域 タイの旗 タイミャンマーの旗 ミャンマー
テンプレートを表示

クラブリー川タイ語: แม่น้ำกระบุรี、Kraburi River)は、タイミャンマーを流れる川の一つ。パークチャン川(แม่น้ำปากจั่น)とも呼ばれる[1]マレー半島クラ地峡を流れて、タイとミャンマーの国境となっている。水源はテナセリウム山脈にあり、アンダマン海にそそいでいる。河口にはタイ側ではムアンラノーン郡、ミャンマー側ではコートーンの町がある。この川は長大な三角江があることで有名であり、幅は5㎞にも及ぶ大きなものである。また、タイで最も広いマングローブ保護林を有する。ラムナームクラブリー国立公園がタイ側の三角江の大部分をカバーし、ラノーン生態系保護区とレームソーン国立公園(ラムサール条約指定)が南部地域を囲んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ “เหตุการณ์สำคัญในประวัติศาสตร์ ปัญหาเขตแดนไทย - พม่า บริเวณแม่น้ำกระบุรี”

関連項目[編集]

外部リンク[編集]





座標: 北緯10度02分 東経98度36分 / 北緯10.033度 東経98.600度 / 10.033; 98.600