クライスラー・TC バイ・マセラティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クライスラー・TC バイ・マセラティ
Chrysler TC by Maserati convertible red.jpg
Chrysler TC by Maserati.jpg
1989 Chrysler TC by Maserati, front side.jpg
乗車定員 2人
ボディタイプ 2ドア コンバーチブル
エンジン Kエンジン "ターボ II" 直列4気筒 2.2L
TC型 直列4気筒 2.2L
6G72型 V型6気筒 3.0L
変速機 5速MT
3速ATA413
4速AT (A604
駆動方式 FF
全長 4465mm
全幅 1740mm
全高 1318mm
ホイールベース 2370mm
車両重量 1376kg
製造会社 クライスラーマセラティ
工場 プレス:トリノ、組立:スパローネ、最終組立:ミラノ
-自動車のスペック表-

クライスラー・TC バイ・マセラティChrysler TC by Maserati )は、クライスラーマセラティにより開発されたGTカーである。クライスラーにおけるフラグシップモデルとして企画され、1989年 - 1991年にかけて7,300台が生産された。

開発[編集]

リー・アイアコッカアレッサンドロ・デ・トマソの関係は、成功作のデ・トマソ・パンテーラを産み出したフォード時代に始まった。1984年当時、アイアコッカはクライスラーの会長を務め、デ・トマソは傘下にマセラティを擁していたが、この両者の関係もあり、スポーツクーペの合同開発が発表された。

1986年ロサンゼルスオートショーでプロトタイプが披露され、1989年に発売を開始。ダッジ・デイトナのプラットフォームをベースにシャーシを短縮し、ZFザックス製のショックアブソーバーが装着された。ホイールは専用デザインのもので、フォーミュラ1にも供給しているイタリアのフォンドメタル製のものが採用された。

当初エンジンは「ターボ II」の通称で知られる、デイトナに搭載されたクライスラー・Kエンジンのデチューンモデルが、A413型3速ATと共に組み合わせられた。1990年モデル以降、「ターボ II」は三菱自動車工業製の6G72型エンジンに変更され、ATも4速モデルのA604型に格上げされた。

なお、500台限定でゲトラグ製5速MTと独自チューンの2.2Lエンジンを組み合わせたモデルが製造された。このエンジンは「ターボ II」をベースとしているが、バルブカバーに"Maserati"の文字が入っていることから、「マセラティエンジン」の通称で呼ばれている。シリンダーヘッドは既存の「ターボ II」のSOHC・8バルブから、コスワースが制作したDOHC・16バルブへ変更されている。この他、ピストンドイツマーレ製、ターボチャージャー石川島播磨重工業(現:IHI)製、カムシャフトアメリカ合衆国フロリダ州を拠点とするクレーン・カムズ(Crane Cams )製と、各国から集められたものだが、組み立て・仕上げ工程は一貫してマセラティが担当していた。

販売[編集]

TCはクライスラーのディーラー網のうち、選出された300件のみで販売された。

年度別生産数
1989年 3,764台
1990年 1,900台
1991年 1,636台

競合他車[編集]

TCの主な競合車は、同じく2ドアクーペ・前輪駆動ビュイック・リアッタキャデラック・アランテなどが挙げられる。リアッタはハードトップとコンバーチブルの2種類のボディタイプをラインナップし、TCと同様、一部はハンドビルトで生産されていた。アランテはTCと同様のコンバーチブルボディ(後にハードトップモデルを追加)だが、V型8気筒エンジンを搭載する。ピニンファリーナが車体デザインを担当し、こちらもラインの一部がハンドビルトとなっていた。

両車は同時期に市場に投入され(アランテは1986年、リアッタは1988年発売)、比較的廉価なリアッタはTCより好調な売上を記録した。

価格[編集]

すべて米ドル

  • 1989年 - $33,000
  • 1990年 - $35,500
  • 1991年 - $37,000

出典[編集]