クライスラー・セブリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クライスラー・セブリング (CHRYSLER Sebring) は、1995年クーペとして発売されたクライスラーの乗用車で、1996年にはコンバーチブルが、2001年にはセダンのモデルが発売された。

クーペ[編集]

初代 FJ(1995年-2000年)[編集]

クライスラー・セブリングクーペ(初代)
後期型
1st-Chrysler-Sebring-Coupe.jpg
販売期間 1995年 - 2000年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 直4 2L 420A
V6 2.5L 6G73
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FF
全長 4,760 - 4,851mm
全幅 1,770mm
全高 1,295 - 1,346mm
ホイールベース 2,634mm
-自動車のスペック表-

1995年にクライスラー・レバロンの後継車として発売された。7代目の三菱・ギャランをベースにして生産される。

イーグルブランドで販売されるタロンとはステアリングコンポーネンツやダッシュボード、サスペンションなどを共有している。

ダッジブランドではダッジ・アベンジャーとして販売され、このモデルはアベンジャーよりもサスペンションがソフトに設定された。そのため、アベンジャーよりも走行性能が勝っている。

5人乗りで、室内空間はクーペの中では広く、またトランクの容量は同クラスと同程度であった。

エンジンは三菱自動車製の6G73型 V型6気筒 2.5Lエンジンと、自社製の420A型 直列4気筒 2Lエンジンが搭載され、41TE 4速オートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられた。

1997年モデルからは、フロントグリルのデザインが変更された。

2代目 ST-22(2001年-2005年)[編集]

クライスラー・セブリングクーペ(2代目)
後期型
04-05 Chrysler Sebring coupe.jpg
販売期間 2001年 - 2005年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 直4 2.4L 4G64
V6 3L 6G72
変速機 4AT/5MT
駆動方式 FF
全長 4,831 - 4,874mm
全幅 1,775 - 1,786mm
全高 1,364 - 1,369mm
ホイールベース 2,634mm
-自動車のスペック表-

2001年に発売。プラットフォームは3代目三菱・エクリプス(8代目ギャランの改良型の物を使用)と共通のものを利用した。また、ダッジブランドではストラタスクーペとして販売された。なお、ストラタスクーペは先代モデルの別ブランド車、アベンジャーの後継車である。

先代のクーペと同様に、ダッジのモデルよりもソフトに調整され、ダッジのモデルの方がスポーティーなモデルであった。

エンジンは、三菱自動車製の6G72型 V型6気筒 3Lエンジンと、同社製の4G64型 直列4気筒 2.4Lエンジンを搭載し、F4A42およびF4A51 4速オートマチックトランスミッションと、5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられた。

2004年には、セダン・コンバーチブルモデル同様にフェイスリフトが行われ、フロントグリルなどが変更された。

2005年には生産が終了され、後継車は、2008年に発売されるセブリングコンバーチブルのハードトップモデルとなった。

セダン・コンバーチブル[編集]

初代 JX(コンバーチブル、1996年-2000年)[編集]

クライスラー・セブリングコンバーチブル(初代)
後期型
1999-2000 Chrysler Sebring Convertible.jpg
販売期間 1996年 - 2000年
ボディタイプ 2ドアコンバーチブル
エンジン 直4 2.4L EDZ
V6 2.5L 6G73
変速機 4AT
駆動方式 FF
全長 4,892 - 4,902mm
全幅 1,781mm
全高 1,392mm
ホイールベース 2,692mm
-自動車のスペック表-

1996年クライスラー・レバロンのコンバーチブルモデルの後継車として発売された。名前こそ同じであるが、セブリングクーペとは車体などを共有しない別の車であった。

エンジンは三菱自動車製の6G73型 V型6気筒 2.5Lエンジンと、自社製のEDZ型 直列4気筒 2.4Lエンジンが搭載され、41TE 4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。

また、クライスラー車では珍しく、ダッジブランドやプリムスブランドでの販売はされなかった。

1998年、新グレード、「Limited」を追加。さらに、同年モデルから、フロントグリルのデザインが変更された。

2代目 JR(セダン・コンバーチブル、2001年-2007年)[編集]

クライスラー・セブリングセダン(初代)
クライスラー・セブリングコンバーチブル(2代目)
後期型セダン
2006-Chrysler-Sebring.jpg
販売期間 2001年 - 2007年
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアコンバーチブル
エンジン 直4 2.4L EDZ
V6 2.7L EER
変速機 4AT
駆動方式 FF
全長 4,844mm(セダン)
4,920mm(コンバーチブル)
全幅 1,806 - 1,793mm
全高 1,394 - 1,400mm
ホイールベース 2,743mm(セダン)
2,692mm(コンバーチブル)
-自動車のスペック表-

2001年に発売。新たにセダンモデルが追加された。クーペは先代同様別の車体を用いたが、コンバーチブルとセダンは同じクライスラーのJRプラットフォームを用いた。ただし、フロントフェイスや、内装については共有されていた部分もあった。さらに、内外装のコンポーネントの多くは、先代のコンバーチブルからキャリーオーバーされた。なお、セダンモデルはプリムスブランドの廃止により、2001年に生産を終了したプリムスブランドのブリーズの後継車として発売された。

エンジンは自社製の物を利用し、EER型 V型6気筒 2.7Lエンジンと、EDZ型 直列4気筒 2.4Lエンジンが搭載され、セダンには41TE 4速オートマチックトランスミッションが、コンバーチブルには加えて5速マニュアルトランスミッションがGTCグレードに組み合わせられた。

2002年、コンバーチブルモデルに新グレードの「GTC」を追加。

2004年にはフロントグリルの変更や、リアのクライスラーロゴの変更が行われた。また、同年、新グレードの「base」、「Limited」、「Tourig」が追加され、「LXi」が廃止された。なお、コンバーチブルモデルにおいては「LX」も廃止され、「Limited」は2001年から用意された。

2005年、セダンモデルに新グレードの「Signature Series」、「TSi」が追加さえ、「LX」が廃止される。

2006年、セダンの生産を終了。また、コンバーチブルモデルは2008年のJS型の生産開始まで販売された。

また、このモデルはメキシコでクライスラー・シーラスとして販売された。

3代目 JS(2007年-)[編集]

クライスラー・セブリングセダン
(2代目)
クライスラー・セブリングコンバーチブル(3代目)
セダン
07 Chrysler Sebring Sedan.jpg
販売期間 2007年 -
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアコンバーチブル
エンジン 直4 2L GEMA
直4 2L TDI
直4 2.4L GEMA
V6 2.7L EER
V6 3.5L EGJ
変速機 4AT/6AT
駆動方式 FF/4WD
全長 4,841mm(セダン)
4,923mm(コンバーチブル)
全幅 1,808mm(セダン)
1,816mm(コンバーチブル)
全高 1,499mm(セダン)
1,486mm(コンバーチブル)
ホイールベース 2,766mm
-自動車のスペック表-

クライスラー・JSプラットフォームをベースに開発され、2007年にセダンが発売。

また、デザインは2003年のコンセプトカー、クライスラー・エアフライトに基づいている。

また、クライスラーで初めて、情報エンターテイメントシステムの「MyGiG」が採用された。

生産はミシガン州スターリングハイツで行われ、82%の部品がアメリカ国内で製造される。

2007年にはロサンゼルス国際オートショーでコンバーチブルモデルが発表され、2008年モデルからコンバーチブルモデルが発売された。ソフトトップに加えて、新たに電動ハードトップモデルが追加された。なお、コンバーチブルのルーフは、カルマンによって製造される。

エンジンは、アメリカ仕様にはGEMAによって設計された、直列4気筒 2.4Lエンジンと、自社製のEER型 V型6気筒 2.7Lエンジンと、EGJ型 V型6気筒 3.5Lエンジンが搭載され、40TSおよび41TES 4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられ、さらに3.5Lエンジンには62TE 6速オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。

また、セダンモデルの輸出仕様車には、フォルクスワーゲン製の2L コモンレールディーゼルターボエンジンとGEMAの2Lエンジンが搭載される。

2011年モデルからは、クライスラー・200として販売されている。

外部リンク[編集]