クライエンゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クライエンゼン (Kreiensen) は、ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州ノルトハイム郡アインベック市に属す市区。2013年1月1日に合併された同市最大の市区である。

地理[編集]

位置[編集]

クライエンゼンは、南ニーダーザクセンのライネベルクラント地方に位置し、ハルツ山地やゾリング山地の前山地方にあたる。この町は北のヘレベルク山地、西南西のフーベ山地、北西のゼルター山地の間に位置する。クライエンゼンの中核地区をガンデ川が流れている。ガンデ川は、ライネ川にクライエンゼンとグレーネ地区近郊の川中島との間で北東から合流する支流である。

歴史[編集]

1826年1月1日、クライエンゼンにあった郵便宿駅が閉鎖された。この宿駅がいつ設立されたかは不明である。

この町は鉄道の分岐点として特に重要な位置を占めている。1860年代に建設された東西方面のブラウンシュヴァイク南鉄道(旧ブラウンシュヴァイク国営鉄道)バート・ハルツブルク - ホルツミンデン - アルテンベーケン線と、南北方面のハノーファー南鉄道フランクフルト/ミュンヘン - ハンブルク線とがクライエンゼンで交差した。クライエンゼンはブラウンシュヴァイク公国に属したが、その南北はハノーファー王国の領土だったのである。その後、これに鉄道オステローデ - クライエンゼン線が接続した。駅舎は1880年代に建設された。

東西、南北のどちらの方角にも高速路線が建設され、ハノーファーカッセルで交差するようになったため、1990年代にクライエンゼンはその重要性を喪失した。

2013年1月1日、アインベックに合併した。

文化と見所[編集]

グレーネ城

建築[編集]

  • 建築家フーベルト・シュティーア建造の堂々とした駅舎
  • 海事友好会とクライエンゼン郷土会の会館
  • グレーネ城: グレーネ地区のライネ渓谷の高台に建つ、1308年建造の中世の城砦
  • グレーネ地区の連邦道B64号線を跨ぐ鉄道高架橋
  • グレーネの郷土博物館
  • グレーネのアムツパーク
  • エルツハウゼン揚水発電所

年中行事[編集]

  • 秋のダンスパーティー
  • 5月のダンスパーティー
  • 町の子供会のブルクフェスト
  • SCグレーネのブルクディスコ
  • グレーネのニコラウス市
  • グレーネの歳の市 1732年から毎年9月末または10月初めに開催される。
  • ハーフマラソン大会
  • 第2アドヴェントのクライエンゼンのクリスマスマーケット
  • グレーネ・アマチュア劇団の公演(2年ごと)

経済と社会資本[編集]

アウエルタール橋を渡るインターシティの列車

交通[編集]

クライエンゼン駅は2001年から根本的に近代化され、ハンブルクからフランクフルト・アム・マインへ南北方向に走るインターシティーの停車駅である。以下の路線の旅客列車は1時間ごとに発着する。

また、ゼーゼンザルツギッターを経由してブラウンシュヴァイクへの列車が1日1往復ある。 2009年12月の時刻改定以降、クライエンゼンを発着するインターシティ列車の数は大幅に減便された。多くのインターシティはハノーファー南線を経由するのではなくハノーファー - ヴュルツブルク高速線を経由するようになった。わずかに3本のインターシティ列車がライネタールを経由し、以前の通りアルフェルト、ノルトハイム、クライエンゼンを通る[1]

教育[編集]

  • 基礎課程学校 2校
  • 本課程学校と実科学校があるクライエンゼン学校センター

人物[編集]

出身者[編集]

引用[編集]

外部リンク[編集]