タカネニガナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クモマニガナから転送)
移動: 案内検索
タカネニガナ
Ixeris dentata var. kimurana.jpg
クモマニガナ(北アルプス穂高岳、2007年8月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
: ニガナ属 Ixeris
: ニガナ I. dentata
変種
  • タカネニガナ var. alpicola
  • クモマニガナ var. kimurana
  • シロバナニガナ var. albiflora

タカネニガナ(高嶺苦菜、学名Ixeris dentata var. alpicola)は、キク科ニガナ属多年草ニガナの高山型の変種で高山植物

分布域は屋久島四国本州北海道亜高山帯高山帯で、砂礫・岩礫地に生育する。は細く、高さは10〜20cm。花期は7〜8月で、枝先に黄色い花を数輪つける。花弁は9~10枚。

クモマニガナ[編集]

クモマニガナ(雲間苦菜、学名:Ixeris dentata var. kimurana)は、ニガナの高山型の変種。タカネニガナとよく似ているが、クモマニガナは茎が太く、花弁が11枚であることで区別できる。

シロバナニガナ[編集]

シロバナニガナ(白花苦菜、学名:Ixeris dentata var. albiflora)は、ニガナの変種。花が白い。シロバナニガナの花が黄色のものは、ハナニガナIxeris dentata var. albiflora f. amplifolia)という。

関連項目[編集]