クマン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クマン語
話される国 パプアニューギニア
地域 シンブ州, ウィルヘルム山
話者数 115,000人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 kue
テンプレートを表示

クマン語: Kuman)は、パプアニューギニアシンブ州で話されている言語である。チンブ語: Chimbu)ともシンブ語: Simbu)ともいう。1994年時点で、約8万人の人に話されており、そのうち約1万人は単一言語話者である。2000年時点では、話者は11万5000人に増えている[1]

他のチンブ諸語と同様、クマン語には非常に珍しい側面音がある。すなわち、典型的な /l/ の他に、「側面解放軟口蓋破擦音」を有する。これは、語中で有声音になり、語末で無声音になる(語頭には生起しない)[2]。関連する他の言語に基づけば、この音は恐らく /k͡ʟ̝̊/ であり、異音表記すれば [ɡ͡ʟ̝] となる。

文法的には、SOV型の構文を持つ。

出典[編集]

  1. ^ Ethnologue report for language code kue (英語) - エスノローグ
  2. ^ Foley, 1986:63, The Papuan languages of New Guinea
  • Hardie, Peter. 2003. Is Kuman Tonal? An account of basic segmental and tonological structure in the Papuan language Kuman. MA thesis: Australian National University

外部リンク[編集]