クマヤナギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クマヤナギ
Berchemia-racemosa-total.JPG
クマヤナギ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: クロウメモドキ目 Rhamnales
: クロウメモドキ科 Rhamnaceae
: クマヤナギ属 Berchemia
: クマヤナギ B.racemosa
学名
Berchemia racemosa Sieb. et Zucc.
和名
クマヤナギ(熊柳)

クマヤナギ(熊柳、Berchemia racemosa)はクロウメモドキ科つる性落葉低木。北海道南部以南に分布し、林の縁に多く生育する。は他の木などにからみつきながら伸びる。は卵形から楕円形で全縁、羽状の葉脈が目立つ。夏に枝先の葉腋から総状花序を出し、白い5弁のを多数咲かせる。果実は長さ数ミリの楕円形の核果で、緑から次第に赤になり、翌年夏に熟して黒くなる。果実は食用にもできるが、果実酒の材料にすることが多い。樹皮は黒い。つるはかんじきなどの材料に用いられた。

次のような変種(一部は独立種ともする)あるいはフォームがあり、東アジア一帯に分布する。

  • ウスゲクマヤナギ B. racemosa var. pilosa HatusimaまたはB. racemosa f. pilosa Hatusima
  • ナガミノクマヤナギ B. racemosa f. stenosperma Hatusima
  • ナンゴククマヤナギ B. racemosa var. luxurians Hatusima
  • オオクマヤナギ B. racemosa var. magna MakinoまたはB. magna (Makino) Koidz.

クマヤナギ属はつる性または非つる性の木本で、20種ほどがアジア、アフリカ、南北アメリカに分布する。日本には他にヒメクマヤナギB. lineata、ホナガクマヤナギB. longeracemosa、ミヤマクマヤナギB. pauciflora、ウスバクマヤナギB. ohwiiなどがある。