クビワカモメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クビワカモメ
XemaSabini.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
: カモメ科 Laridae
: クビワカモメ属 Xema
: クビワカモメ Xema sabini
学名
Xema sabini
(Sabine, 1819)
和名
クビワカモメ
英名
Sabine's Gull

クビワカモメ(首輪鴎、学名:Xema sabini)は、チドリ目カモメ科に分類されるである。

分布[編集]

グリーンランド北アメリカシベリアの北極圏で繁殖する。冬はアフリカ西岸の喜望峰付近や南アメリカのチリ中部まで南下して越冬する。

日本は渡りのルートから外れているため、きわめてまれに迷鳥として記録されたのみ。これまでの記録は、北海道宮城県石川県など。北海道では30羽程度の群れも観察されている。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
チドリ亜目 Charadrii
チドリ小目 Charadriida

関連項目[編集]


執筆の途中です この項目「クビワカモメ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類