クヌーズ3世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クヌーズ3世(Canute III, 1129年 - 1157年8月9日)は、デンマーク王(在位:1146年 - 1157年)。父はデンマーク王ニルスの息子でスウェーデンマグヌス1世、母はポーランドボレスワフ3世の娘リクザ。数字表記はクヌーズ5世ともされるが、歴代デンマーク王の数え方によって異なる。

又従兄に当たるデンマーク王エーリク3世が退位するとユトランド半島の貴族に擁立されるが、エーリク3世の従弟のスヴェン3世シェラン島で即位、内戦が勃発した。翌1147年にシェラン島を攻撃したが失敗して一旦和睦、ヴェンド十字軍に参戦したが、解散すると再度対立、1150年に敗北してドイツへ亡命した。1152年ドイツ王フリードリヒ1世に忠誠を誓い、スヴェン3世の共同統治者となった。

1154年シュレースヴィヒ公ヴァルデマー(エーリク3世の従弟、後のヴァルデマー1世)と同盟を結び、スヴェン3世を追放した。1157年に和睦が成立、クヌーズ3世はシェラン島とフュン島を治めることに決まったが、8月9日にロスキレで開かれた祝宴でスヴェン3世の刺客に暗殺された。ヴァルデマー1世はユトランド半島へ逃げ延び、グラーテ・ヘーゼの戦いでスヴェン3世を討ち取ってデンマークの内乱を終結させた。異父妹ソフィアは同年にヴァルデマー1世と結婚した。

子女[編集]

1156年スウェーデンスヴェンケル1世の娘ヘレナと結婚したが、子供はいない。但し、7人の庶子がいる。

先代:
エーリク3世
デンマーク王
1146年 - 1157年
次代:
ヴァルデマー1世