クヌーズ1世 (デンマーク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クヌーズ1世

クヌーズ1世(Canute / Cnut / Knut I、995年 - 1035年11月12日)は、ノルマンデーン人で、イングランド王デンマーク王ノルウェー王を兼ねた王(イングランド王在位:1016年 - 1035年、デンマーク王在位:1018年 - 1035年、ノルウェー王在位:1028年1030年説あり〉 - 1035年)。クヌートカヌートクヌットなどとも。

人物略歴[編集]

デンマーク王スヴェン1世の子。 母はスラヴ人レフ族(ポラニェ族)の族長でポーランド統一者であるミェシュコ1世の娘シフィエントスワヴァ[1][2][3](嫁ぎ先で王妃グンヒルトと呼ばれた)。同じくミェシュコ1世の子であるポーランド国王ボレスワフ1世(勇敢王)は叔父にあたる。ただし、『ヘイムスクリングラ[4]、『クニートリンガ・サガ英語版』によれば、母はヴェンドの王ブリスラヴの娘のグンヒルド(en)とされている。

父スヴェンおよび叔父ボレスワフ1世配下のポーランド諸侯と共にイングランドに侵攻して活躍した。1014年、父が戦死した後、その後を継いで戦い続けて勢力を拡大した。それをもって1016年、アングロ・サクソン封建家臣団の会議でイングランド王に推挙され、即位することとなった。1018年には兄ハーラル2世の死によりデンマーク王位を継承した。その後はノルウェースウェーデンに遠征して勢力を拡大した。1028年にはノルウェー王位も兼ねることとなり、3国の王位を兼ねて「大王」と称された。ここに、広大な北海帝国を築き上げたのである。

1035年、41歳で死去した。死後、後継者争いが起こって、北海帝国はクヌーズの死後わずか7年で崩壊した。

子女[編集]

最初に、ノーサンプトン伯アルフヘルムの娘エルギフ(エルギヴァ)と結婚した。

  • スヴェン(? - 1036年) - ノルウェー王(父と共治)(1030年 - 1035年)
  • ハロルド1世(1015年頃 - 1040年) - イングランド王

二度目に、ノルマンディー公リシャール1世の娘で、イングランド王エゼルレッド2世の未亡人エンマと結婚した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Encomiast, Encomium Emmae, ii. 2, pg. 18
  2. ^ Thietmar, Chronicon, vii. 39, pgs. 446-447
  3. ^ Trow, Cnut, p. 40.
  4. ^ 『ヘイムスクリングラ - 北欧王朝史 - (二)』(スノッリ・ストゥルルソン著、谷口幸男訳、プレスポート・北欧文化通信社)65頁(『オーラヴ・トリュッグヴァソンのサガ』第三十四章 ハラルド・ゴルムスソンの死)。

参考文献[編集]

  • Campbell, Alistair (ed.) (1949) Encomium Emmae Reginae. (Camden third series; no. 72.) London: Royal Historical Society (Reissued by Cambridge University Press with a supplementary introduction by Simon Keynes, 1988.)
  • Thietmar (1962) Chronik: Chronicon; Neu übertragen und erläutert von Werner Trillmich. Darmstadt: Wissenschaftliche Buchgesellschaft
  • Trow, M. J. (2005), Cnut: Emperor of the North, Stroud: Sutton, ISBN 0-7509-3387-9 

関連項目[編集]

先代:
エドマンド2世
イングランド王
1016年 – 1035年
次代:
ハロルド1世
先代:
ハーラル2世
デンマーク王
1018年 - 1035年
次代:
ハーデクヌーズ
先代:
オーラヴ2世
ノルウェー王
9代
1028年 - 1035年
次代:
ハーデクヌーズ
Northern-Europe-map-extended.png この「クヌーズ1世 (デンマーク王)」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ