クニュル山地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Knüll.png

クニュル山地(-さんち、Knüllgebirge。方言では単にKnüllともいう。)はドイツヘッセン州の中低山地。

地理[編集]

クニュル山地は、カッセルの南45km、バート・ヘルスフェルトの西20kmに位置する(いずれも直線距離)。

エーダー川とシュヴァルム川が北と西の境界をなす。フルダ川が東の、ヨッサ川が南の境界である。クニュル高地はシュヴァルツェンボルンとノイエンシュタイン、キルヒハイムにまたがっている。

クニュル山地を通って、 ドイツ・メルヘン街道アルペン=オストゼー街道(アルペン=バルト海街道)、ドイツ木組みの家街道といった観光街道が通っている。他には、クニュル山地を通るA7と、それから分岐して山中を走るB454や南部を走るA5といった道路がある。

クニュル山地は、人があまり住んでおらず、樹木が密生している。ここはクニュルヴァルト自然景観保護区となっている。

地質学[編集]

クニュル山地は、噴出マグマがその起源である。雑色砂岩の土台の中から玄武岩の山頂部が突き出している。その形態や起源などから、フォーゲルスベルク山地の弟と呼ばれることもある。

[編集]

クニュル山地には、エフツェ川、アウラ川、ガイス川、ロールバッハ川、グレンフ川の水源がある。

[編集]

リムベルク山
  • アイゼンベルク (Eisenberg, 636m) ヘルスフェルト=ローテンブルク郡
  • クニュルケプヒェン (Knüllköpfchen, 634m) シュヴァルム=エーダー郡
  • リムベルク (Rimberg, 592m) ヘルスフェルト=ローテンブルク郡
  • ケプヒェン (Köpfchen, 588m) シュヴァルム=エーダー郡

外部リンク[編集]