クニドスのアプロディーテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ludovisiコレクションの「クニドスのアプロディーテー」。ローマ時代の複製の大理石像(胴と腿)。頭部、腕、脚、手に持っている服などは後世の復元

クニドスのアプロディーテー英語Aphrodite of Cnidus)は、古代ギリシア彫刻アテナイプラクシテレス紀元前4世紀)の代表作の1つ。そのオリジナルと複製は Venus Pudica(恥じらいのヴィーナス)型とも呼ばれ、右手で陰部を隠しているのが特徴である。ここから派生した型(胸を手で隠すなどのポーズをしているもの)として、メディチ家のヴィーナス (Venus de' Mediciカピトリーノのヴィーナス (Capitoline Venusがある。

オリジナル[編集]

クニドスで発行された硬貨エングレービング。プラクシテレス作のクニドスのアプロディーテー像が描かれている。

このはどの方向から見ても美しいという点と、初の等身大の女性像という点から有名である。女神アプロディーテーが純粋さ(処女性ではない)を回復させる儀式の風呂に入る準備をしているところを描いたもので、脱いだ服を左手で置こうとし、右手で陰部を隠している。一見するとその右手は奥ゆかしさを表しているように見えるが、実際には裸であることを強調しているに過ぎない。

大プリニウスによると(偽書の可能性あり)、プラクシテレスはコス島の市民から女神アプロディーテーの像の制作料を受け取った。そこでプラクシテレスは、着衣像と裸像の2つを制作した。驚いたコス島の市民は裸像の受け取りを拒否し、着衣像だけを購入した。この着衣像は現存せず、そのデザインも伝わっていない。

受け取りを拒否された裸像をクニドスの一部市民が購入し、これをあらゆる方向から見られるよう屋外の神殿に設置した。その堂々とした裸のアプロディーテーの大胆さから、クニドスのアプロディーテー像はプラクシテレスの最も有名な作品となった。

この像のモデルは娼婦フリュネだという噂もある。この像は非常に有名になり、複製されるようになった。あるとき、女神アプロディーテー自身がクニドスに現れ、この像を見ると「ああ、プラクシテレスはどこで私の裸を見たの?」と言ったという逸話まで語られるようになった。

この像はクニドス人の守護神であり信仰対象となったが、同時に観光名所にもなった。ビテュニアニコメデス1世は、この彫像と引き換えにクニドスの抱える莫大な債務の清算を申し出たが、クニドス人はこれを拒絶した。『エローテス[1]15章によれば、この像があまりにも生き生きとしているため、ある若者が夜中に像と交わろうとして射精したという逸話がある[2]。これは、この像の一方の腿の後ろに汚れのようなものが見えることを説明する伝承である。

複製[編集]

「コロンナのウェヌス」
バチカン美術館所蔵の「クニドスのアプロディーテー」の複製の一つ
カウフマンの頭部(ルーヴル美術館

複製した作品[編集]

クニドスのアプロディーテーのオリジナルは現存していない。おそらくコンスタンティノープル(現在のイスタンブル)に持ち去られ、ニカの乱の混乱で失われた。古代において、最も多くの複製が作られた像の1つであり、外観は現存する記述や複製を収集することでだいたいわかる。1969年、考古学者アイリス・ラヴはオリジナルの像の一部を発見したとし、その破片は現在大英博物館に収められている。ただし考古学界では、その破片はクニドスのアプロディーテーのものではないという意見が支配的である。

派生した作品[編集]

忠実度は様々だが、以下のような像はクニドスのアプロディーテーに着想を得たものと言われている。

脚注・出典[編集]

  1. ^ ルキアノスの作とされてきたが、これは間違いである。
  2. ^ ピュグマリオーンの逸話も参照。
  3. ^ "The head from Martres Tolosanes and, especially, the so-called Kaufmann appear to me the best extant replicas" (Charles Waldstein, "A Head of Aphrodite, Probably from the Eastern Pediment of the Parthenon, at Holkham Hall", The Journal of Hellenic Studies 33 (1913:276-295) p. 283; "general agreement on the genuineness of the Kaufmann Collection Aphrodite as a replica of the Cnidian aphrodite" (Robert I. Edenbaum, "Panthea: Lucian and Ideal Beauty" The Journal of Aesthetics and Art Criticism" 25.1 (Autumn 1966:65-700) p. 69.

参考文献[編集]

  • Theodor Kraus. Die Aphrodite von Knidos. Walter Dorn Verlag, Bremen/Hannover, 1957.
  • Leonard Closuit. L'Aphrodite de Cnide: Etude typologique des principales répliques antiques de l'Aphrodite de Cnide de Praxitèle. Imrimerie Pillet - Martigney, 1978.
  • Francis Haskell and Nicholas Penny. Taste and the Antique: The Lure of Classical Sculpture, 1500-1900. Yale University Press, New Haven/London, 1981.
  • Christine Mitchell Havelock. The Aphrodite of Knidos and Her Successors: A Historical Review of the Female Nude in Greek Art. University of Michigan Press, 1995.

外部リンク[編集]