クトブッディーン・マウドゥード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クトブッディーン・マウドゥードQuṭb al-Dīn Mawdūd b. ‘Imād al-Dīn Zankī b. Āq-Sunqūr, قطب الدين مودود بن عماد الدين زنكي بن آقسنقود)はモースルザンギー朝アタベクアミール(在位1149年-1169年)。アターベク・クトブッディーン・マウドゥードなどと称する。モースルにおけるザンギー朝の始祖。

略歴[編集]

彼はザンギー朝の祖であるイマードゥッディーン・ザンギーの息子でサイフッディーン・ガーズィーヌールッディーンの兄弟であった。

1149年、兄のサイフッディーンが死去すると、彼は兄の後を継ぎモースルを中心とするジャズィーラ地方およびディヤール・バクル地方をアミールとなった。1169年に没すると、彼の息子の一人、サイフッディーン・ムハンマド・ガーズィーがその地位を継いだ。

関連項目[編集]