クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド (Cushman & Wakefield) は1917年に設立された非上場としては世界最大の不動産サービス会社。60カ国に253カ所の事務所があり約15,000人の従業員を擁している。

本社はニューヨーク州マンハッタン

主要ビジネスは以下の4つ。

・トランザクションサービス (テナントやオーナーに対するプレゼンテーションサービス)

・キャピタルマーケット (不動産の売買、投資マネジメント、物件評価、投資銀行業務、不動産コンサルティング)

・クライアントソリューション (大企業や不動産所有者に対する総合不動産戦略の提案)

・コンサルティングサービス (不動産事業及び不動産に関するコンサルティング)

2007年にアニュエリ家の投資会社であるIFILグループ(現Exorグループ)が、当時の筆頭株主であったロックフェラー・グループが保有していた71.5%の株式を取得した。

現CEOはグレン・ルフラーノ(Glenn Rufrano)。

日本における主なグループ企業にはクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド株式会社(不動産仲介・テナントレップ・鑑定評価)とクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド・アセットマネジメント株式会社(不動産投資運用業)がある。

日本本社は、東京都千代田区永田町2丁目の山王パークタワー

外部リンク[編集]