クタ・カスウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クタ・カスウルフCutha Cathwulf、生没年不詳)はウェセックス初期の王族。クスウィンの息子にしてチェウリンの孫になる。その始祖を辿ればキュンリッチまで行き、またクタはエグバートにまでつながる後世のウェセックス王家の始祖となる。しかしチェウリンが592年に退位、その王位は傍流のチェオルの血統が就いたため、カスウルフ自身は王になった事はなかった。また彼の没年も知られてはいない。

彼には兄弟がおり、キュネバルド(Cynebald)、チェッダの名が記されている。また彼には息子がおり、名をチェオルワルドと言う。それ以外は何も記されてはいない。