クセニヤ・ゴドゥノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クセニヤ・ゴドゥノヴァ

クセニヤ・ボリソヴナ・ゴドゥノヴァロシア語:Ксения Годунова / 英語:Ksenia Borisovna Godunova, 1582年 - 1622年8月30日/ユリウス暦8月20日)は、ロシアツァーリであるボリス・ゴドゥノフの娘、母はマリヤ・スクラートヴァ=ベリスカヤフョードル2世の姉でもある。

生涯[編集]

クセニヤ
クセニヤと父ボリス、母マリヤ、弟フョードル

西欧文化に関心の高い父ボリス・ゴドゥノフの影響で高度な教育を受け、なおかつ大変な美人であったといわれ、その評判も高かったという。

1598年、父ボリスがツァーリに即位すると、彼女は皇女となり、ツァレーヴナの称号を有するところとなった。

1600年スウェーデン王エリク14世の息子グスタフ・エリクソン・ヴァーサと婚約したが、グスタフの不品行が原因で破談となった。

次いで、1602年シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公デンマーク王子ヨハンを2人目の婚約者としてモスクワに迎えたが、ヨハンは結婚目前に病死してしまい、クセニヤは未婚のままであった。

1605年、ツァーリを僭称する反乱者偽ドミトリー1世と戦っていた父ボリスが死に、弟のフョードル2世が即位したが、ゴドゥノフ家の求心力は急速に衰えることとなる。

そして、偽ドミトリーがモスクワに入城し、ツァーリとして迎えられると、クセニヤの母マリヤと弟フョードル2世は殺害された。

偽ドミトリー1世の前に引きずり出されたクセニヤ

クセニヤは命を助けられたものの、処女だった彼女は偽ドミトリーに強姦され、5ヵ月にわたって妾として扱われ宮殿で慰み者にされた。

そして偽ドミトリーの婚約者マリナ・ムニシュフヴナが到着する直前、ベロオーゼロ修道院に追放され、「オリガ」という名前を与えられ、修道女としての誓いを立てなければならなかった。

その後、クセニヤは修道女として家族の菩提を弔い続け、1613年ロマノフ朝が成立したのち、1622年8月30日に死亡した。

参考文献[編集]