クジャクスッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クジャクスッポン
Nilssonia hurum Hardwicke.jpg
クジャクスッポン Aspideretes hurum
保全状況評価
VULNERABLE

(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 VU.svg

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: カメ目 Testudines
亜目 : 潜頸亜目 Cryptodira
上科 : スッポン上科 Trionychoidea
: スッポン科 Trionychidae
亜科 : スッポン亜科 Trionychinae
: インドスッポン属 Aspideretes
: クジャクスッポン A. hurum
学名
Aspideretes hurum
(Gray, 1831)
和名
クジャクスッポン
英名
Indian peacock softshell turtle
Peacock softshell turtle

クジャクスッポン(孔雀鼈、Aspideretes hurum)は、動物界脊索動物門爬虫綱カメ目スッポン科インドスッポン属に分類されるカメ。

分布[編集]

インド東部、バングラデシュガンジス川ブラマプトラ川水系

形態[編集]

最大甲長60cm。背甲は卵型で暗緑色。

幼体の背甲は円形で4-6個の明色で縁取られた眼状斑、外縁に黄色い斑点が入る。和名や英名はこの眼状斑に由来すると思われる(peacock=オスのクジャク)。また頭部に暗色の網目模様や明色の斑紋が入る。これらの斑紋は成長に伴い不鮮明になる。

生態[編集]

河川等に生息する。

食性は動物食傾向の強い雑食で、魚類両生類昆虫類甲殻類貝類水草等を食べる。

繁殖形態は卵生。

人間との関係[編集]

生息地では食用とされることもある。食用やペット用の乱獲により生息数は激減している。そのためワシントン条約附属書Iに掲載され商業用の取引は禁止されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『爬虫類・両生類800図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、171頁。
  • 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ2 ユーラシア・オセアニア・アフリカのミズガメ』、誠文堂新光社、2005年、71頁。

外部リンク[編集]