クシトカゲ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クシトカゲ属
Acanthosaura sp.jpg
ベトナムクシトカゲ
Acanthosaura cf. capra
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : トカゲ亜目 Sauria
下目 : イグアナ下目 Iguania
: アガマ科 Agamidae
亜科 : アガマ亜科 Agaminae
: クシトカゲ属 Acanthosaura

クシトカゲ属(-ぞく、Acanthosaura)は、爬虫綱有鱗目アガマ科に属する属。

分布[編集]

インドネシアスマトラ島)、カンボジアタイ中国(南部、海南島)、ベトナムマレーシアマレー半島)、ミャンマーラオス

形態[編集]

全長20-30cm。体色は褐色だが、種によっては緑色の個体もいる。

後頭部から背面にかけて棘状の鱗(クレスト)があり櫛の様に見えることが属名の由来。属名Acanthosauraは「棘のあるトカゲ」の意。種によっては後頭部に1対の角状の突起がある。

生態[編集]

比較的標高の高い森林に生息する。咽頭部に垂れ下がった袋状の皮膚(咽喉垂)を広げ威嚇や繁殖行動を行う。

食性は雑食で、昆虫類節足動物ミミズ等を食べる。

繁殖形態は卵生。

分類[編集]

人間との関係[編集]

ペット用として輸入されることがあり、日本にも輸入されている。主に野生個体が流通するが、繁殖個体が流通することもある。流通量は多くはないが、特にベニクシトカゲの流通は稀。

関連項目[編集]